メルマガとは?初心者に役立つ基礎知識をまとめてご紹介!

2021.09.13 メルマガ

メルマガ

メルマガとは、発信者が購読者に定期的にメールで情報を配信するメール配信形式の一つです。

メルマガは、デジタルマーケティングの有名な手段であり、インターネット初期から使われていました。パソコン・スマートフォンといった利用環境を問わず、メールアドレスさえあれば顧客に直接情報を届けることができ、集客からファン獲得まで広く活用することができます。

本記事ではメルマガ配信を検討中の方に向け、メルマガ配信の目的や登録・配信方法、メルマガ配信サービスの利点など配信前に覚えておきたい基礎知識をご紹介します。

メルマガ配信の目的

目的

メルマガ配信は個人の方から企業、現在では自治体や行政機関に至るまで広く利用されています。

メルマガを単なる「情報発信」「一斉メール配信」と捉えるのではなく、目的を明確化してメルマガを配信することでより効果を高めることができるでしょう。

メルマガ配信の目的は、主に以下の3つに分類されます。

・見込み客の確保(興味を持ってもらう)
・販売促進(商品・サービスのアピールや告知)
・ファンの育成(既存顧客の継続利用)

見込み客の確保

メルマガ登録をしてくれた読者に対し、さらに興味を持ってもらえるように自社の商品・サービスをアピールすることが目的です。

・業界ニュースやトレンド、メディア情報、インタビューなどを取り上げる
・企業理念や思い、商品開発の過程
・基礎知識やノウハウの提供

業界そのものや商品・サービスについてより深く知ってもらうことで興味を引いたり、信頼を得たりすることができるでしょう。

販売促進

サービスや商品を提供する企業が多く配信しているのが販売促進目的のメルマガです。

キャンペーン情報の告知、割引クーポンの発行、新商品の紹介やセミナー情報の告知を行います。

しかし、メルマガの内容が販売促進だけになってしまうと読者が継続的にメリットを感じられなかったり、「しつこい」と感じてしまうこともあります。

販売促進のメルマガは頻度やマナーに十分注意して行う必要があるでしょう。

他にも、商品購入者の口コミ(お客様の声)やサービスの導入事例(成功事例やメリット)から自社をアピールしていくことも販売促進につながります。

ファンの育成

すでに商品やサービスを利用中の方に向け、新商品や関連商品、活用のアドバイスなどをメルマガで配信し、継続利用・利用頻度アップなどを目的としたものです。

既存の利用者を育成し、単なる”顧客”ではなく”ファン”になってもらうことでさらなる利用促進につながることでしょう。

ファン化・ロイヤル化とも言い、価格以外の部分に価値を感じてもらうことで競合他社との差別化も図ることができます。

メルマガ登録の方法

メルマガを配信するには、まず読者登録をしてもらう必要があります。読者のメールアドレスのグループを「リスト」と表現します。

メール配信サービスやツールの中にはメールアドレスの入力・送信で自動的にリストを作ってくれるものもありますが、リストを作る前に知っておきたいのが特定電子メール法についてです。

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)

この法律は、広告・宣伝のために送信する電子メールに該当する法律なので多くのメルマガ配信が該当すると考えて良いでしょう。

特に注意が必要なポイントについて解説していきます。

メルマガ配信の同意を得る事(オプトイン)

広告宣伝メールを送る際には、受信者の事前承諾があることが望ましいです。

これをオプトイン方式と言い、さらに仮認証の手順を含むものをダブルオプトイン方式と言います。
例:Webサイトでメールアドレスを登録し、届いたメールの中のURLをクリックすることで正式に認証される

そして、読者がいつでもメルマガの受信を拒否できることも条件の一つとなっています。(オプトアウト)

メルマガに表示義務のある記載事項

同意を得た方にメルマガを配信する場合も、以下の内容を記載することが義務付けられています。

・送信者氏名 / 名称 など 
・いつでも受信拒否が可能であること、その意向を伝えられるメールアドレスやURL
・問い合わせの受付が可能な電話番号、メールアドレスなど

他にも幾つか守るべきルールがあります。全容は以下のページで確認できますので、関心があれば一度目を通してみるのが良いかもしれませんね。

一般財団法人 日本データ通信協会 迷惑メール相談センター

メルマガの種類

メルマガには大きく分けて2種類の形式があります。

文字だけで構成されたものがテキストメールです。作成が簡単で受信者の環境を選ばないというメリットもありますが、画像や文字の装飾ができないため訴求効果は後述のHTMLメールより劣ると言っても良いでしょう。

文字だけのテキストメールに対し、メールの中に画像やレイアウトを設け、ビジュアルやデザインで訴求できるのがHTMLメールです。HTMLメールを作成・配信するには、HTMLメールに対応したエディタを利用するか、HTMLの知識が必要です。

HTMLメールには受信者側の環境によってメールを受け取れないといったデメリットも存在しますが、デザイン面で訴求効果を高められるのは大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、メール配信サービスによってはHTMLメールが受け取れない場合にテキストメールを送信するマルチパート配信という機能を備えたものがあります。

ブラストメールにはHTMLメールの作成機能があり、マルチパート配信機能も備えています。

メルマガの配信方法

メルマガの配信方法にも様々なものがあります。規模(リストのメールアドレス数や配信頻度)や利用したい機能(開封率等の効果測定、HTMLメール など)を基準に選ぶと良いでしょう。

BCCによる一斉送信

OutlookなどのメールソフトにはBCC(Blind Carbon Copy)メールという機能があり、一斉にメールを配信しても受信者同士でメールアドレスが共有されることはありません。

しかし、BCCでのメルマガ配信にはリスクが伴います。

・情報漏洩
・迷惑メール判定
・配信遅延

BCCメールでの一斉配信のリスクについてはこちらのページでも詳しく解説しております。

プロが教える!一斉メール配信にBCCをお勧めしない理由と、正しいBCCの使い方!

専用ソフト・ツール(自社回線/メールサーバ―経由)

メルマガ配信の専用ツールを利用する方法があり、パソコンやレンタルサーバーにインストールして利用します。

自社のメールサーバーやパソコンを利用するため、それらの性能や仕様に依存する点に注意が必要です。

例えばメールサーバーに配信数の制限がある場合、メルマガ配信の頻度によっては通常のビジネスメール送受信に影響を及ぼします。

クラウド型メール配信サービス

クラウド型メール配信サービスとは、インターネットを介してサービス提供会社のメルマガ配信機能を利用する形態を指します。

メール配信に特化したサーバーを利用するため、自社のビジネスメールには影響がありません。

機能や配信数によって様々な料金形態が存在するため、自社のメルマガ運用にあったサービスを選ぶことができます。

メール配信サービスの利点とは

メール配信サービスを利用するメリットは他にもあります。BCCでのメール配信とメール配信サービスの機能を比較し、メール配信サービスならではの利点をご紹介します。

ターゲット配信

ブラストメールは読者登録の際に様々な項目で読者を分類することができます。

この項目(年齢、性別、職業など)に沿って特定の読者層に合ったメルマガを配信することができます。

効果測定

・メルマガの配信が成功したかどうか
・HTMLメールの開封状況
・メール内リンクのクリック数
・送信が失敗した回数の計測とエラー停止

など、一方的にメルマガを送りっぱなしにするのではなく、効果を測定することでメルマガの運用をより良いものにしていくことができます。

メルマガの効果測定についてはこちらの記事もご覧ください。

メール配信システムで効果を分析するために知っておくべき指標・数値とは。【メルマガの効果測定】

メルマガの書き方や配信する上での注意点

メルマガの運用を効果的なものにするには機能だけでなくメルマガ自体にも魅力が無くてはいけません。

そのためにはマーケティングやコピーライティングの知識も必要になってきます。

・メールの件名は読者がクリックしたくなるものになっているか?
・メールの本文は件名と食い違いがないか?
・読者の属性に応じた内容や配信時間が考慮されているか?

こちらの記事ではメルマガのタイトルをつけるコツについて解説しています。

メルマガにタイトルをつける際の注意点とは?開封率アップのコツについて

メルマガに求められる機能やツール、書き方など、今後のメルマガ運用の参考にして頂ければ幸いです。

 

お役立ちガイドブック

魅力が伝わる「メルマガタイトル」の付け方ガイド Gmailを便利に使うマル秘テクニックガイド メルマガ作り方大全
お役立ち資料一覧 >
シンプル・カンタン・すぐに使える メルマガ配信システム「ブラストメール」
詳しくみてみる >
   

まずは無料でお試しください

       

ブラストメールなら、メルマガ配信から効果測定まで、誰でもカンタンにはじめられます

       無料で試してみる >
目次