【2022年版】業界別のメルマガ活用事例を豊富なサンプル付きでご紹介!

2021.11.12 メルマガ

「うちのメルマガって、業界平均と比べてどうなんだろう?」

「他社はメルマガをどういうふうに活用しているんだろう?」

メルマガを運用していれば、一度は上記のような疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。そこで本記事では、業界別のメルマガ効果の最新統計と、業界ごとのメルマガ事例を画像付きでご紹介します。

自社のメルマガのパフォーマンスが平均値と比べてどの程度なのか、またメルマガ活用の新しいアイデアが欲しいという方は、ぜひ参考にしてください。

業界別メルマガ効果の統計

まずは業界別のメルマガ効果(開封率、クリック率など)を数値でチェックしてみましょう。ぜひ自社のメルマガと見比べつつ、下記表をご覧ください。(この統計は2020年のデータです)

業種・ジャンル 開封率 クリック率 反応率 購読解除率
広告・マーケティング 18.5 % 2.3 % 12.2 % 0.2 %
アウトドア・釣り・狩猟 23.2 % 4.0 % 17.0 % 0.1 %
消費財 18.1 % 2.4 % 13.0 % 0.2 %
教育 24.9 % 4.3 % 17.3 % 0.1 %
金融 24.8 % 2.7 % 10.6 % 0.2 %
食品・飲料 15.2 % 1.7 % 11.3 % 0.1 %
政府・政治 26.7 % 6.0 % 22.4 % 0.1 %
ヘルスケア 23.4 % 3.7 % 15.6 % 0.3 %
IT・テクノロジー 19.5 % 2.8 % 14.3 % 0.2 %
物流・卸売 22.7 % 2.4 % 10.6 % 0.3 %
エンターテインメント・出版 20.8 % 3.6 % 17.5 % 0.0 %
非営利団体 25.5 % 4.1 % 15.8 % 0.2 %
サービス 18.3 % 2.8 % 15.2 % 0.2 %
不動産 19.7 % 3.5 % 17.7 % 0.2 %
建設 12.6 % 1.1 % 8.5 % 0.0 %
旅行・観光 17.7 % 2.0 % 11.5 % 0.2 %
健康・フィットネス 21.6 % 2.8 % 13.1 % 0.4 %
平均値 18.0 % 2.6 % 14.1 % 0.1 %

引用元:2021年のメールマーケティングのベンチマークと統計(原文:Email Marketing Benchmarks and Statistics for 2021)

各指標について

  • 開封率:到達したメルマガのうち、開封に至ったメルマガの割合
  • クリック率:到達したメルマガのうち、クリックに至ったメルマガの割合
  • 反応率:開封されたメルマガのうち、クリックに至ったメルマガの割合
  • 購読解除率:配信総数に対する購読解除数の割合

2020年における各業界のメルマガ効果は開封率が12~26%、クリック率が1~6%、反応率が8~22%、購読解除率が0~0.4%という結果になりました。業界ごとのメルマガに対する反応は政治ジャンルがもっとも強く、建設業界がもっとも弱いようです。

業界別のメルマガ活用事例

ここからはメルマガ活用事例について、業界別・ジャンル別でいくつかご紹介します。参考までに、各メルマガのスクリーンショットはAndroidスマートフォンのGmailアプリから取得しています。そのため、別のデバイスやOSでは見え方も多少異なる可能性があります。

また、HTMLメールかテキストメールが選べるメルマガでは、HTMLメールを受信するようにしています。それではメルマガの活用事例を見ていきましょう。

家具・雑貨

差出人名 LOWYA MAIL MAGAZINE
配信頻度 4通 / 週ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① 【全品10%OFF】大人気カウチソファ特集!

② LOWYAポイント4,000円相当分プレゼント!オンラインインタビューご協力者限定

家具・雑貨からは「LOWYA」を取り上げます。LOWYAは家具・インテリアを中心に取り扱うECサイトで、オシャレなブランド家具からシンプル・低価格な家具まで幅広いラインナップがあります。

メルマガのコンテンツは割引や値下げといったセール情報の告知が中心で、本文は商品画像が豊富なカタログ形式の内容となっています。

ファッション

差出人名 ZOZOTOWN
配信頻度 1通 / 日ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① 最大3,000円分の割引クーポンが発行されました

② 最大50%OFF!タイムセール開催中

③ 【10月20日】注目の2ショップがオープン!

「ZOZOTOWN」といえば誰もが知るファッション通販サイトですね。メルマガはクーポン付与やタイムセール開催の告知が中心的で、本文はLOWYA同様に商品画像豊富なカタログ形式となっています。

LOWYAと少々異なるのは、掲載されている商品がユーザーの購入履歴や会員情報(性別や年齢など)に合わせて最適化されている点です。顧客データベースと連携したメルマガ配信の好例といえます。

食品

差出人名 TOMIZ(富澤商店)
配信頻度 3通 / 週ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① 【10%OFF】お買い得マロンペースト・クリームを使ってモンブラン作りに挑戦してみよう![TOMIZだより 2021/10/25号]

② 【本日(10/23)17:00より!!】CHIYODA型販売スタート!!お忘れなく![TOMIZだより増刊号]

食品業界からは「富澤商店」を取り上げます。富澤商店は製菓・製パンの材料や器具を専門に取り扱う、創業100年以上の歴史がある老舗企業です。

メルマガでは季節料理に必要な材料・レシピや、レパートリーが広がる調理器具の紹介など、お菓子・パン作りが好きなユーザーのツボを押さえたコンテンツとなっています。

旅行・観光

差出人名 JTBトラベルニュース
配信頻度 1通 / 日ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① 【○○県にお住まいの方へ】子連れ・ファミリーにおすすめの宿

② 国内ツアーを「個室で食事」「露天風呂がある宿」等こだわり条件で探す!

③ 【?紅葉特集】秋の京都を楽しもう!

旅行・観光業界からは、大手旅行会社の「JTB」を取り上げます。会員の居住地情報に合わせて旅行先をおすすめしてくれたり、メルマガ内で旅行先の検索が可能になっているなど、非常にメルマガ活用が進んでいると感じました。

また、他社のメルマガに埋もれないための工夫として、一部件名には絵文字を活用しているのが確認できました。一昔前だと正しく表示されないことも多かった絵文字ですが、現在は多くの環境で絵文字表示が対応されています。他の業界でもぜひ真似したい活用法ですね。

美容

差出人名 資生堂オンラインショップ
配信頻度 4通 / 週ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① 10.21ついにスタート!特製アドベントカレンダーがもらえる♪

② 【ご購入でポイントプレゼント】ご愛顧ありがとうございます!会員さま500万人達成感謝キャンペーン★【ワタシプラス】

③ 【ローラ メルシエ】神秘的で優美なホリデーコレクション第2弾登場

美容業界からは「資生堂」のメルマガを紹介します。資生堂のメルマガを開封してまず感じたのが、デザインのクオリティの高さです。

美容品というイメージ勝負な商材を扱っていることもあるのでしょう。まるでランディングページを開いたかと感じるほど手が込んでおり、テキスト部分は全体の1割程度しかありませんでした。

エンターテインメント

差出人名 Nintendo
配信頻度 1通 / 週ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① 【10月のお知らせ】○○様 最新ニュース、Switchソフト、アプリ、ギフト情報などをまとめてお届けします

② 『メトロイド ドレッド』のプレイありがとうございます。壁紙のプレゼント、シークレットテクニックなどをお届けいたします。

③ 「Nintendo Direct 2021.9.24」を公開しています

エンターテインメント業界からは家庭用ゲーム機・ソフトメーカーの「任天堂」を紹介します。任天堂のメルマガは毎月、新作の発売日やセールの開催情報などをまとめた定期配信を行っています。

定期配信だけでなく、セグメント配信も活用されています。筆者の元にも、最近プレイしたゲームの限定コンテンツがメルマガで届きました。「そのユーザー限定の特典」を配信することで、顧客エンゲージメントを高める戦略でしょう。

広告・マーケティング

差出人名 ブラストメール(blastmail)
配信頻度 2通 / 週ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① [簡単!2022年賀メールを送りませんか?]ブラストメールからのご案内

②「パーソナライズド動画×メール」でのリード創出|10/27 ウェビナー

③ メール一斉配信で有効な「セグメント配信」とは?

広告・マーケティング業界からは、弊社メール配信サービス「ブラストメール」のメルマガを紹介します。弊社のメルマガではセミナーのご案内、公式ブログの新着記事、季節コンテンツなどのメルマガを配信しています。

反応の良かった過去のメルマガはブラウザ上で見られる形で公開しているため、ぜひ下記からご覧になってみてください。

金融

差出人名 住信SBIネット銀行
配信頻度 3通 / 週ほど
形式 HTMLメール(一部テキストメール)
件名例 ① 「コツコツ貯まると、やっぱり嬉しい。」積立生活はじめませんか?

② 老後資金、どう準備する? 長期・分散・積立で資産運用するなら、ロボアドバイザー!

③ <先着順>人気の「ソフトバンクグループ社債」“本日12時”より先着順で販売開始!

④ SBI生命【月々246円からの死亡保険】年間ランキング【3年連続No.1】!

金融業界からはネットバンクの大手である「住信SBIネット銀行」のメルマガを紹介します。住信SBIネット銀行のメルマガは、資産運用の悩みに焦点をあてたコラム的なコンテンツと、社債や保険といった金融商品の案内が中心的でした。

本文はかんたんな概要文とその直下にCTAという構成になっており、ごくシンプルな構成でした。クリックを誘導するという意味では非常に理にかなっています。

芸術・アート

差出人名 SBIアートオークション
配信頻度 1通 / 週ほど
形式 HTMLメール
件名例 ① NFT in the History of Contemporary Art: a Curated Sale by Hiroki Yamamoto

② 出品作品募集のご案内

③ オークション開催のご案内

芸術・アート業界からは「SBIアートオークション」のメルマガを取り上げます。SBIアートオークションのメルマガは、オークションの開催情報や出品作品の募集などが中心です。

本文はオークションで出品される作品の画像や、作者情報などがひと目で分かるようになっています。

多くの業界で共通していたメルマガ活用法

以上、様々な業界のメルマガを紹介しましたが、商品・サービスはまったく異なっても、メルマガ自体には共通して見られる特徴がありました。特に下記4つの特徴は、どのような業界であっても取り入れやすいでしょう。

  • 配信頻度は週1通以上
  • セグメント配信が活用されている
  • 開封によるインセンティブが件名で明確に示されている
  • 本文には特徴的なデザインが入っている

配信頻度は週1通以上

今回サンプルとして取り上げたメルマガは、すべて配信頻度が週1通以上となっていました。中には一日1通配信しているメルマガもあり、「みんな思ったよりたくさん配信しているんだな」と意外に感じた方は少なくないでしょう。

裏を返すと、配信頻度が週1通を下回れば同業他社のメルマガに埋もれてしまう可能性がある、ということになりそうです。「ウチのメルマガ、ちょっと配信頻度が少ないかも」と思った方は、ぜひこの機会に配信頻度の改善を検討してみましょう。

セグメント配信が活用されている

全業界とまではいかないものの、今回の調査では複数のメルマガでセグメント配信の実施が確認できました。サンプルの中だとZOZOTOWN、JTB、任天堂の3社はセグメント配信を活用しているようです。

  • ZOZOTOWN
    購入履歴や会員情報からメルマガ内で掲載しているレコメンド商品を最適化
  • JTB
    ユーザーの居住地に応じておすすめの旅行先を最適化
  • 任天堂
    ユーザーの購入履歴やプレイ記録を元に限定コンテンツを配信

メルマガを受け取った筆者自身としても、セグメント配信によるメルマガの件名は、「これは自分に役立ちそうだな」とつい開封してしまいました。

セグメント配信を活用している企業はあまり多くありませんが、適切に運用できれば非常に高い費用対効果が期待できます。この機会にぜひ、自社のメルマガもセグメント配信を活用できないか見直してみましょう。

開封によるインセンティブが件名で明確に示されている

ほぼすべての業界で共通していたのは、「開封すればこんな利益がありますよ」ということが、件名で明確かつ具体的に示されていることです。

開封による利益がハッキリわかる件名例

  • LOWYA
    LOWYAポイント4,000円相当分プレゼント!オンラインインタビューご協力者限定
  • ZOZOTOWN
    最大3,000円分の割引クーポンが発行されました
  • 任天堂
    『メトロイド ドレッド』のプレイありがとうございます。壁紙のプレゼント、シークレットテクニックなどをお届けいたします。

件名づくりで開封率を意識するのは基本中の基本ですが、その方法論として、文章に具体性を持たせることは「4Uの法則」でも示されている効果的な手法です。

4Uの法則とは読者の反応を促す、魅力的なヘッドラインに共通する要素をまとめたコピーライティングの概念で、下記4つの要素から構成されます。

  • Useful(有益性)
    記事を読むことで、「有益な情報を手に入れられる」と訴求すること
  • Urgent(緊急性)
    時間的な緊急性のアピールを行い、「今」メルマガを読んでもらう工夫をすること
  • Ultra specific(超具体性)
    数字などを使いタイトルに具体性を持たせること
  • Unique(独自性)
    ありきたりな言い回しではなく、他のメルマガと差別化すること

メルマガの開封率についてお悩みの方は、具体性や緊急性などをより意識した件名作りに挑戦してみましょう。

なお、メルマガのタイトルについては下記資料でも詳しく解説しています。サンプルも豊富なので、ぜひ手に取ってみてください。ダウンロードは無料です。

参考資料:魅力が伝わるメルマガタイトルの付け方ブック

本文には特徴的なデザインが入っている

全業界で共通だったのは、HTMLメール形式を使ってデザインの入ったメルマガを配信していたことです。どのサンプルも「その企業のメルマガだ」とひとめで分かる特徴的なデザインが施されており、他社との差別化に一役買っています。

また、ファーストビューにはアイキャッチ画像が設置されていることがほとんどで、なおかつアイキャッチ画像はクリッカブルとなっています。

アイキャッチがあるとメルマガを開いた瞬間に内容がすぐ伝わってきますし、デザインがよいと気持ちもワクワクするので、続きを読むモチベーション作りになりますね。

業界別のメルマガ活用まとめ

今回は業界別のメルマガ効果や活用法について紹介してみました。

コラム形式のシンプルなメルマガやカタログ形式のメルマガ、さらにはランディングページと見まがうほどデザインされたメルマガまで、様々なメルマガ活用法を紹介できたかと思います。

業界ごとに特色があったのはもちろんですが、多くの業界で共通していた特徴も見逃せません。特にセグメント配信は、読者の視点から見てもやはり効果的であると感じました。

バースデークーポン、おすすめ商品の最適化、そして限定コンテンツの配信など、セグメント配信はアイデア次第で様々な活用法があります。現状のメルマガ運用に限界を感じているのであれば、セグメント配信のさらなる活用を検討してみてはいかがでしょうか?

お役立ちガイドブック

メルマガ作り方大全 はじめてでも成果がでる!メールマーケティングの教科書 メール配信のプロが教える!「メール配信システムの選び方」ガイドブック
お役立ち資料一覧 >
シンプル・カンタン・すぐに使える メルマガ配信システム「ブラストメール」
詳しくみてみる >
   

まずは無料でお試しください

       

ブラストメールなら、メルマガ配信から効果測定まで、誰でもカンタンにはじめられます

       無料で試してみる >