メルマガの作り方を徹底解説!誰でも1時間で配信できる基本ステップ

2019.08.20 メルマガ

こんにちは。ブラストメールの森神です。

私はWEBマーケティング担当として広告運用をしながら、メルマガの配信担当をしています。本記事では私の実例を用いながらメルマガ作成のポイントを解説していきます。

メルマガ配信サービスを提供している企業が実際にどのようにしてメルマガを作成しているか気になりませんか? 今回はそのすべてを公開します! この記事を読んでわかることは以下の3点です。

  • メルマガの作り方
  • メルマガ作成に使える便利ツール
  • メルマガ作成のコツ

是非メルマガ配信の参考にしていただければと思います。

それではさっそく、メルマガの作り方を解説していきます。

メルマガの作り方に関しては重要ポイントをコンパクトにまとめて、みんな読んでるメルマガ作り方大全として資料にまとめました。無料でダウンロードいただけますので、あわせてご覧ください。

 

メルマガの作り方

メルマガ配信の目的を明確にする

メルマガ配信において最も大切とも言えるのが目的を明確にすることです。なぜなら、目的によってメールの配信内容や配信方法、見るべき効果が決まってくるからです。

メルマガ配信の目的は次のようなものがあります。

  • 既存顧客からの売上増
  • 新規顧客の獲得
  • ファン化
  • 業務連絡 など。

ブラストメールでもメルマガを配信していますが、目的は『 メール配信の価値に気付いてもらい、再度トライアルしてもらうこと 』です。

メルマガの配信ターゲットを決める

メルマガ配信の目的が明確になれば、次はメルマガを配信するターゲットを決めましょう。

ブラストメールの場合、『 メール配信の価値に気付いてもらい、再度トライアルしてもらうこと 』が目的ですので、過去にブラストメールをトライアルしたことある方がターゲットとなります。

そのため、1度トライアルしていただいた方向けに無料トライアル期間だけでは伝えきれなかった魅力や機能のアップデート情報などをお伝えしています。

そもそも

メルマガで何を配信したらいいかわからない」、「配信するコンテンツがない」という声をよく聞きます。

しかし、メルマガを作るのはコツを覚えると簡単です。以下、私のコンテンツ作成手順をご紹介します。

メルマガで配信するコンテンツを作成する

メルマガ配信の目的とターゲットを決めると、おのずとメルマガ配信内容が決まってきます例えば上述した、『既存顧客からの売上増』の場合はメルマガ限定のクーポンを発行し売上獲得につなげるなどが考えられます。

また、『ファン化』の場合は継続的にニーズの多いコンテンツを配信し継続的にメルマガを読んでもらう必要があります。

ただし、とにかく読者の求めるものだけを配信すれば良い訳ではありません。それだけだとメルマガの効果は期待できません。

大事なことは、自社の強みを使って、ユーザーの悩みをどう解決できるかを訴求することです。

これをハッキリさせておくと、書くべきコンテンツがより明確になり、今後のコンテンツ作成も楽になります。

そこで、オススメしたい方法が3C分析です。

3C分析とは、事業成功のための要因を外部環境や競合の状況などから導き出すためによく利用されるフレームワークです。3Cの「C」は以下の3点のことを指します。

  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

3C分析を行うと事業の方向性が見えてきます。

コンテンツ作成時にはメルマガの配信目的と3C分析を照らし合わせ、自社の強みを使ってユーザーの悩みを解決することを意識しましょう。

キーワードのボリュームを確認しユーザーニーズをチェック

私は必ずメルマガ配信のキーワードを設定します。なぜなら、ユーザーのニーズが無い内容のメルマガを配信してもメルマガを読まれず、ユーザーの行動を促すことはできないからです。

私がキーワード調査で実際に使っているツール(無料で使用可能)が、以下の2つです。

それぞれ使い方を解説します。

  • 『関連キーワード取得ツール(仮名・β版)』でキーワードを洗い出す

「Googleサジェスト」、「教えて!goo」、「Yahoo!知恵袋」これらの情報元より関連キーワードを一括取得し、表示するツールです。

例えば「メルマガ」で検索すると下記画像のように、関連キーワードが一覧で表示されます。

関連キーワード取得ツール

この中から、上述した「メルマガ配信の目的」と「3C分析」から出てきた、自社のコンテンツ作成の方向性に合ったキーワードを選びます。

本記事の場合、「メルマガ 作り方」をキーワードとして設定し、記事を作成しています。

  • 『Ubersuggest』で検索の表示回数を調べ、効果的なワードを探す

キーワードの検索ボリューム競合性などを確認できるツールです。

関連キーワード取得ツールから取得したキーワードの検索ボリュームを調べることで、そのキーワードに「どれぐらいのニーズがあるか」を調べます。

例えば、「メルマガ 作り方」で検索すると1か月間で590回検索されているとわかります。

ウーバーサジェストの使い方

検索ボリュームが極端に少ないと、せっかく良いコンテンツを作成しても「誰にも読まれない」なんてこともあり得ますので、注意しましょう。

そのため、私の場合は検索ボリュームができるだけ100を超えるキーワードを設定するようにしています。

検索上位の記事を確認

キーワードが決まれば次にGoogleやYahoo!などで検索してみます。

上位掲載されている記事はすでにユーザー満足度の高い構成を作っていると考えられます。そのため、上位3~5記事程度の構成を確認し、メルマガの内容に取り入れられそうな要素を探しましょう。

もちろん、丸パクリはNGです。著作権の侵害になる場合もありますし、差別化もできないからです。

上位記事を元に、良質なコンテンツを作成するコツは「あなたの体験や思考」などを記事に加えたり、構成のベースとすることです。

マインドマップを使って整理する

メルマガ配信において重要なことは構成です。ユーザーが読みやすい構成、行動をしたくなるような構成を意識する必要があります。私は構成を考えるとき、必ずマインドマップを使用して整理しています。

使用しているのは『XMind』いうツールです。

本記事を執筆するにあたり、私が作成したマインドマップを載せておくので参考にしてみてください。

私がメモ帳ではなく、マインドマップを使う理由は以下の3点です。

  • 視覚的にわかりやすい
  • 思考が広がりやすい
  • 入れ替えが自由にできる

通常、メモ帳の場合は上から順に文章を追っていかなければ必要な情報までたどりつきません。それに対して、マインドマップは放射状に広がった地図のようなものであるため、視覚的にパッととらえることができます。

また、放射状に線でつなぎながらマインドマップを作成していくと、関連のある事柄について発想が広がりアイデアが浮かびやすいです。浮かんだアイデアを自由に入れ替え、最適な構成を作れるのもメリットのひとつでしょう。

ブラストメールのサイトリンク

メルマガ配信リストを確認する

メルマガ配信前は必ずリストの確認と整理をしましょう。

メルマガの使い方によっては特定の地域や特定の人物にだけメールを送信したい場合なども出てくるかと思います。また、メールを送るべきではない相手にメールを送ってしまったというケースをよく耳にします。今の時代、情報漏洩などにも厳しく安全にメール配信を行う必要があります。

1番安心安全なのはグループ設定機能がついているメール配信システムを利用することです。

ブラストメールではグループ設定機能がついており、設定も簡単にできます。メルマガのリスト管理の効率化や正確なメール配信を行いたい場合は利用をお勧めします。

ブラストメールのターゲット配信について

また、「メルマガ配信をしたいユーザーの名刺は持っているものの、リスト化できていない」場合は無料の名刺管理アプリを使って簡単にリスト化することが可能です。詳細は以下の記事で解説しています。

名刺情報の活用で売上を伸ばす方法!簡単に始められるメール配信がおすすめ【myBridge×blastmail】

メルマガのタイトルを決める

メルマガのタイトルは非常に重要です。私は本文よりもタイトルが重要だと思っています。その理由は、メルマガが読まれるかどうかはタイトルで判断されるケースがほとんどだからです。

メルマガにおける魅力的なタイトルの付け方は世界的な企業家 マイケル・マスターソンが提唱した「4U」の原則というものがあります。メルマガに限らずマーケティング手法としてよく紹介されています。4Uの内容は以下のとおりです。

  • 1. Useful(有益性)

  • 2. Urgent(緊急性)
  • 3. Ultra specific(超具体性)
  • 4. Unique(独自性)

これらの情報を盛り込むことで、魅力的なタイトルとなり開封率を上げることができます。

他にもタイトルをつけるコツやポイントは幾つもあります。

そこで魅力的なタイトルをつけるコツを資料形式でまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

【大好評!】魅力が伝わる「メルマガタイトル」の付け方ガイド(無料)

反対に、メルマガのタイトルにおいてNGなのは下記の2点です。

  • タイトルを空白にして送る
  • 煽り文句など強すぎる表現を多用する

メールソフト(Outlook)やメールサービスは、それぞれに迷惑メールを判定する独自のフィルタがあります。

その基準の一つとされているのがタイトルや本文内での表現です。「1日で儲かる」「誰でも儲かる」「今すぐキャンペーンに申し込もう」のように不審なメール(迷惑メールで使われることが多い表現)と類似点があるとみなされるタイトルは迷惑メールと判断される可能性があるので気を付けましょう。

実際にブラストメールのメルマガで開封率が高かったタイトルを紹介しましょう。参考にしてみてください!

  1. 情報漏洩のリスク! メール配信におけるBCCは本当に安全なのか?
  2. あなたもブラックリストに登録されている可能性があります! (blastmailメルマガ)
  3. メルマガ開封率 34.032% のタイトルとは?

下記記事では詳細の解説やワースト3も紹介していますので、併せてご覧ください。

メルマガ開封率ベスト3・ワースト3のタイトルを大公開【メルマガ配信者必見】

メルマガの本文を執筆する

メルマガの構成とタイトルが決まれば80%は完成しています。あとは構成に沿って肉付けしていくのみです。

この時に気を付けるべきことが『宣伝』ばかりにならないことです。

宣伝が多すぎると、ユーザーは飽きてしまい読まなくなってしまう恐れがあります

また、HTMLメールを使用する場合は画像の挿入や文字色の変更、クリック率を測定したいURLの設置などを行います。

メルマガにおいては本文の内容も重要ですが、装飾も重要となります。メルマガを最後まで読んでもらい、ユーザーの行動を促すためには見た目を意識しましょう。

なお、見た目とは画像などのデザイン面だけではありません。文章そのものが読みやすいことも大切です。段落分けや文字の強調を使って、リズムよいメリハリの付いた文章を作ってみてください。

メルマガ配信前に確認するポイント

メルマガの内容や文章を確認するのはもちろんのこと、その他にも確認ポイントはあります。以下、詳しくお伝えします。

マルチパート配信の設定

最近のメルマガ配信ではHTMLメールが主流となっています。HTMLメールではメールの装飾や効果測定が可能となります。

ただし、ユーザー環境によってはHTMLメールを開けない場合や、正しく表示されないことがあります。そのため、HTMLメールを送る際は必ずマルチパート配信(テキストメールでの配信設定)を行うようにしましょう。

配信解除の設定を確認

メルマガの配信の解除設方法をわかりやすく設定することは「特定電子メール法」で定められています。この法律は、広告・宣伝のために送信する電子メールに該当する法律なので多くのメルマガ配信が該当すると考えて良いでしょう。

私も多くのメルマガを読んでいるのですが、たまに配信解除方法が分かりにくいものがあります。そんなときは不信感を抱き、その企業を信用できなくなってしまいます。メルマガはあくまでユーザーとのコミュニケーションツールです。送信者が一方的に自分の伝えたい情報を伝えるだけではありません。ユーザー目線で考え、ユーザーにとって何が最適かを考えてのメルマガ配信を心がけましょう。

その他にも、メルマガ配信の同意を得ること(オプトイン)、送信者氏名や名称などのメルマガの表示義務のある記載事項などを記載する必要があります。詳細は下記よりご確認ください。

メルマガ(メールマガジン)とは?配信の前に覚えておきたい基礎知識について

テスト配信で内容をチェック

メルマガを配信する前に必ずテスト配信を行いましょう。なぜなら、ツール上で作成したメルマガと実際に配信されるメルマガはレイアウトやイメージが異なる可能性があるからです。

テスト配信の際は複数のアドレス、複数のブラウザや端末(PC、スマートフォンなど)での確認を行うのが基本です。

特に最近はスマートフォンでメールを読む人も増えていますので、スマートフォンでレイアウトの崩れがないかは必ず確認するようにしましょう。

ブラストメールのサイトリンク

メルマガ配信のコツ

メルマガ配信について、以下の3つの悩みをよく聞きます。

  • メルマガが続かない
  • メルマガのネタがない
  • 効果があるのかわからない

これらの悩みを解決するためのコツをお伝えしていきます。

メルマガの継続方法

継続方法

メルマガが継続できない理由の多くは「忙しくて手が回らない」からです。多くの人はメルマガ作成に時間をかけすぎているように感じています。

ブラストメールでも毎週メルマガを配信していますが、メルマガにかける時間は全部で30分程度です。その秘訣は以下の3つです。

テンプレートを使う

ブラストメールのHTMLエディタを使うと、自分で作ったメルマガをテンプレートとして保存することができます。

メルマガ配信をする度にデザインを考えていては時間がかかりすぎてしまいますよね。

配信内容によってテンプレートを1~3つ程度用意しておけば、毎回のメルマガ作成時間を短縮することができます。

常にネタをストックしておく

メルマガを各段階でネタを考えるのはNGです。メルマガ作成において最も時間がかかるのが「ネタ探し」になります。

日ごろから意識的にインプットをし、どんどんネタをストックしておきましょう。

そうすれば、ネタ切れになることはなく、ネタを考える時間を使わずにサクッとメルマガ配信をすることができます。

ネタの集め方に関しては後述します。

メルマガを書く時間を決めておく

メルマガ配信をメイン業務としている人は多くないと思います。他の業務をしながら「ついでに」メルマガ配信をする人がほとんどです。

そのため、空いた時間でメルマガを書こうとする人が多いです。しかし、これではなかなかメルマガを書くことはできません。

仕事をしていて暇な人はほとんどいませんし、後回しにすると結局やらずに終わるケースが多いです。

解決方法は、メルマガを書く時間を決めることです。

私の場合は自分のスケジュールに「メルマガ執筆時間」を登録していて、その時間は他の何よりもメルマガ作成を優先して行います

メルマガのネタ探し

メルマガのネタ探し

メルマガのネタ探しに最適なツールはTwitterです。日ごろからTwitterで発信していると、イイネの数やリツイートの数でユーザーが興味のあるネタがわかります。

また、タイムラインを見ると様々な情報がながれています。メルマガのネタにすることを前提にタイムラインを見ていると、ネタはたくさん転がっています。

ただ情報を眺めているだけだと意味はありませんが、アウトプット前提のインプットをすると自分の欲しい情報がどんどん集まってきます

集めた情報と自信が提供している商品やサービスを関連付けることで、メルマガネタの完成です。

その他にメルマガのネタとして使いやすいのは下記の4つです。

  • 自社のブログやコラム
  • 製品のアップデートやお役立ち情報
  • イベントやセミナーの告知
  • クライアントの導入事例

自分たちが当たり前と感じていることでも、ユーザーにとっては有益な情報の可能性があります。不安な場合は上述したTwitterでフォロワーの反応を見てからメルマガネタにするようにしましょう!

メルマガの効果測定をする

多くの場合、メルマガは送って終わりではありません。メルマガ配信の目的は、既存顧客からの売上増やファン化であるケースがほとんどです。そのため、効果測定機能を活用することが重要となります。チェックすべき数値はメール開封率リンククリック率です。下記にて詳しく説明します。

メール開封率を上げることは最優先

メルマガは見られてなんぼです。どれだけ素晴らしい内容のメールを送っても開封されなければ意味がありません。そのため、最優先で考えるべきなのが開封率になります。

開封率に影響する要素はどのようなものがあるのでしょうか。一般的には下記の3つが大きく影響していると考えられます。

  • メール到達率
  • メールタイトル
  • 配信時間や曜日
  • メール到達率

メールを大量に送信しようとするとスパムメールなどと間違えられ、迷惑メールと判定されるケースがあります。そうなると、迷惑メールフォルダに振り分けられたり、メール自体が届かないなんてことも起こり得ます。そもそもメールが届いてないとなると開封率以前の話になるので、メール配信システムを使うなど、既存のメール配信システムを変更する必要があります。

  • メールタイトル

メールを開封するかどうかは1秒程度で判断されると言われています。そのため、タイトルが魅力的でないとメルマガを読んでもらうことすらできません。メルマガの本文を執筆して満足するのではなく、タイトルにこそ最大限パワーを注ぎ込みましょう。

  • 配信時間や曜日

メールの配信相手によっていつメールを配信すべきかが変わってきます。例えば、BtoBのメルマガの場合、休日にメール配信を行っても開封率が低いことが予想されます。

一般的にはメール開封率が高いのは火曜日の午後と言われています。ただし、あなたのメルマガ配信ユーザーに当てはまるとは限りません。曜日や時間を変えて何度かメールを配信し、最適なメール配信のタイミングを見極めましょう。

リンククリック率でユーザーの心を捉える

リンクのクリック率はユーザーの心の動きです。興味のある内容であればクリックされますし、興味がなければクリックされることはありません。そのため、様々なパターンを試すことが重要となります。

また、リンクの置き方や見せ方などによってもクリック率が変わってくる場合があります。ABテストを行い最適なリンク掲載方法を見つけましょう。

メルマガの効果測定はGoogleアナリティクスと連携して分析することも可能です。以下の記事にて詳しく解説しています。

メルマガの効果をGoogleアナリティクスで分析する方法

メルマガの作り方まとめ

ここまでメルマガの作り方に関して事例を交え説明しましたが、いかがでしたでしょうか。メルマガ作成のイメージはできましたか?

メルマガは配信して終わりではありません。メルマガを読んだユーザーがどういう行動をするかが重要となります。そのためには、配信内容の設計から効果測定、そしてその内容を元に次のコンテンツをつくるといったPDCAを回すようにしましょう。

そしてその際に必ず忘れてはいけないのが、『ユーザー目線』です。ユーザーがメルマガを受け取ったときどんな気持ちになるのか、どんなコンテンツを配信すれば喜んでくれるのか、それを前提にメルマガ配信を行いましょう。

最後に、メルマガ配信において最も重要なことをお伝えします。

それは、「送ったメールが届くこと」です。通常のメーラーを使用してBCCで大量のメールを配信すると、迷惑メール業者と判断され、受信側のキャリアからブロックされ、メールが届かない可能性があります。

「大量のメールアドレスに対してメールを一斉送信する」この行為自体がスパムととられやすい行為なのです。

メール配信サービス「ブラストメール」の高速配信サーバーには複数のIPアドレスを設置しているため、ひとつのIPアドレスからのメール配信でキャリアブロックを受けても他のIPアドレスから配信を行うことができます。

メルマガ配信を行う場合はメール配信サービスの利用をお勧めします。

メール配信サービスについてより詳しく知りたい場合は下記記事をご覧ください。

【徹底解説!】メール配信サービスを導入するメリットとは?メール配信方法の種類・機能・導入事例をご紹介!

ブラストメールのサイトリンク

お役立ちガイドブック

魅力が伝わる「メルマガタイトル」の付け方ガイド Gmailを便利に使うマル秘テクニックガイド メルマガ作り方大全
お役立ち資料一覧 >
シンプル・カンタン・すぐに使える メルマガ配信サービス「ブラストメール」
詳しくみてみる >

メルマガ初心者向け、完全無料の「メルマガ作り方」ハンドブック

メルマガ大全

メルマガ配信に興味はあるけど、何から手を付けて良いかお悩みではありませんか?

本書では、ブラストメールのメルマガ配信チームが以下のようなポイントを解説しています。

  • 「見込み客に響く」メルマガ作り方のステップ
  • メルマガの文例
  • 配信ツールの選定方法など

ぜひメルマガ制作にお役立てください

e-bookをチラ見してみる >
目次