Outlookを使い一斉送信をする3つの方法。一斉送信のリスクも知っておこう!

2021.02.26 メール

同内容のメールを複数人に送りたい場合には「一斉送信機能」が便利です。

今回の記事ではOutlookを使ったメールの一斉送信の方法と、一斉送信を行う際の注意点について解説していきます。

普段、特に意識せず一斉送信機能を使っているかもしれませんが、思わぬトラブルに繋がる可能性があることを知っておきましょう。

Outlookを使ってメールを一斉送信する方法

最初にOutlookを使ってメールを一斉送信する3つの方法について解説していきます。

複数の宛先を選択する

まずは、手作業で複数のアドレスを入力していく方法です。一斉送信をする相手が数人の場合はこちらの方法で十分でしょう。

いちいち、宛先を選択していては時間がかかってしまいます。連絡先を開いたら「Ctrlキー」を押しながらクリックしていくことで、一度に複数人を選択することができます。

メールを一斉送信する際には「TO」「CC」「BCC」の意味を把握し、状況によって上手く使い分けることが必要です。

CCに入力したアドレスには、TOに送った内容と同じメールが共有されます。BCCに入力した場合にも共有されますが、BCCの場合は共有したアドレスが他の受信者に知られる心配がありません。

CCはアドレス情報を共有しても問題無いチーム内、BCCは他にも受信者がいることを知られたくない場合に良く使われます。

CC、BCCについてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【初心者向け】メールのCCの使い方と返信マナー。BCCとの違いも解説!

グループを作成する

Outlookには頻繁に一斉送信する宛先を事前に設定しておくことのできる「グループ機能」があります。

チームのメンバーや、頻繁にメールのやりとりを行う取引先であれば、グループ設定をしておいた方が、いちいち宛先を入力する手間が省けるので時短になります。

設定の手順も非常に簡単です。

  1. 「連絡先」をクリックし「個人用の連絡先」からグループを保存するフォルダを選択
  2. リボンにある「新しいグループ」を選択
  3. グループ名を設定する
  4. 「メンバーの追加」をクリックして任意の連絡先を追加していく

作成したグループは連絡先に保存されるので「宛先」の欄から直接探すことができます。

これだけで、いちいち宛先を入力する手間を省くことができるので、頻繁に一斉送信を行う宛先はグループを作っておきましょう。

グループを設定しておくことは、宛先の挿入ミスの防止にも繋がります。

ただし、グループを設定しても、メンバーの変更があるたびにメンテナンスが必要です。メンバーの入れ替えができていないと「重要なメールの共有できていない」という事態に繋がりかねないのでグループのメンバーは常に最新のものにするよう心がけましょう

Excelを使用する

Excelにまとめているデータからメールの一斉送信を行うことができます。

手順としては、

  1. Excelに保存しているアドレスデータをコピー
  2. 新規ブックを開き「横並び」でデータをまとめる
  3. ファイルを保存する際に「CSV形式」で保存
  4. 保存したCSVファイルをメモ帳で開く
  5. 宛先欄にコピペする、またはOutlookに直接インポートする

Excelを使って顧客情報をまとめている場合もあるかもしれません。その顧客全員に対してメールを一斉送信したい場合には、こちらの方法が便利です。

詳しい手順についてはこちらの記事にて画像付きで解説していますので参考にしてみてください。

超簡単5ステップ! Excelにまとめているアドレスにメールを一斉送信する方法。

Excelからデータを取り出し、全員に一斉送信するのは難しく感じるかもしれませんが、5つのステップで完了する作業なのでぜひお試しください。

Outlookでメールを一斉送信する際の注意点

以上、Outlookでメールを一斉送信する3つの方法について解説しました。

メールの一斉送信は、情報共有する際に非常に便利な機能ですが、実は一歩間違えると思わぬトラブルに繋がります。

一斉送信を頻繁に行う方は、危険性も把握しておくようにしておきましょう。

CC、BCCのアドレス入力ミス

良くあるミスとして上げられるのが「CC、BCCへのアドレスの入力ミス」です。

BCCを使って一斉送信を行わなければならないのにも関わらず、CCを使い一斉送信をしてしまったことにより「情報漏洩」という企業の信用問題に繋がりかねないトラブルに繋がります。

CC、BCCへの入力間違いは人間の手により引き起こされる、ケアレスミスですが、大きな問題に繋がってしまったケースも報告されています。特に最近はコロナ騒動による影響で、メールを一斉送信する機会が増え、トラブルが増えているようです。

コロナ騒動による一斉メール誤送信が頻発!誤送信に有効な防止策とは?

手入力で一斉送信を行う際は、このようなミスが起こらないように注意しておく必要があります。

添付ファイルサイズを大きくしすぎない

ファイルを添付して一斉送信を行う場合、ファイルのデータサイズに注意が必要です。

ちなみに、Outlookは20MBまでのファイルサイズしか添付して送信することができません。容量が大きすぎるとメールが送信できず、重要な連絡ができなくなる可能性もありますう。

そもそも、ビジネスメールにおいては大きなデータを添付することはマナー違反とされており、会社のメール設定によっては大きなデータサイズのメールは受信拒否する設定をしているところもあります。

容量が大きいメールを頻繁に受信していては、受信メールサーバーの容量を圧迫してしまい、メールの送受信ができなくなってしまうからです。

大きなデータを送りたい場合には、圧縮したり他の手段を使うなりして対応するようにしましょう。

大量のメールを一斉送信する場合

数人に向けて、メールの一斉送信機能をする場合には特に問題になりませんが、頻繁に大量のメールを一斉送信する場合には注意が必要です。

数百名を超える相手に、何通もメールを一斉送信したり、Outlookを使ってメルマガ配信を行いたいという場合には特に注意しましょう。

Outlookでは「一通あたりの受信者は500名まで」「1日あたり送信できるのは5000通まで」と決められています。その数を超えると送信制限がかかります。

Outlookは大量のメールを扱うことを目的としたサービスではありません。大量のメールを一斉送信する場合には配信遅延が生じてしまう可能性があり、スムーズなメールのやりとりができなくなってしまいます。

会社内で重要なメールを一斉送信したい場合に、メールが正しく届かないと大変です。

まとめ

以上、Outlookを使った一斉送信の方法と、一斉送信を行う際に知っておくべき注意点について解説しました。

利用シーンが個人的なメール業務のみであれば問題ありませんが、100件を超えるような一斉送信を頻繁に行ったり、Outlookを使ってメルマガ配信を行おうとしている場合には、リスクを把握しておかなければいけません。

Outlookをはじめ、GmailやYahoo!メールといったメーラーは、個人利用を目的としたものであり、メールを迅速に大量送信する能力は高くありません。

大量のメールの一斉送信やメルマガ配信を行う場合には「メール一斉送信ソフト」の利用をおすすめします。

以下の記事にて、BCCを使った一斉送信とソフトを使った一斉送信の違いや、一斉送信ソフトの機能や選び方について解説しています。

メール一斉送信ソフトとは?BCCとの違いやメリットをご紹介

メールの一斉送信を円滑に行いたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

お役立ちガイドブック

魅力が伝わる「メルマガタイトル」の付け方ガイド Gmailを便利に使うマル秘テクニックガイド メルマガ作り方大全
お役立ち資料一覧 >
契約数9年連続No.1のメール配信システム「ブラストメール」
詳しくみてみる >
   

まずは無料でお試しください

       

ブラストメールなら、メルマガ配信から効果測定まで、誰でもカンタンにはじめられます

       無料で試してみる >
目次