2024年2月よりGmail送信者ガイドラインが変更!解決策を徹底解説!

ホーム セミナー 2024年2月よりGmail送信者ガイドラインが変更!解決策を徹底解説!
セミナー

お申込み後、すぐに視聴可能です(視聴無料)

概要

2023年10月、Gmailのメール送信者ガイドラインがアップデートされました。

このアップデートでは2024年2月以降、Gmailアカウントに1日あたり5,000件を超えるメールを送信する送信者は、送信ドメインにSPFレコード・DKIM署名・DMARCメール認証の設定が必要と、記載があります。

さらには、SPFレコード・DKIM署名・DMARCメール認証が未設定の場合、メールが想定通りに配信されなかったり、迷惑メールに分類されたりする可能性があるとのことです。

昨今、なりすましメールによる詐欺被害スパムメールによる個人情報の流出などで問題視されていることから、Googleが上記のガイドラインを公開することでユーザーを守ろうとしているのではないかと考えられます。

そこで本セミナーでは、上記のガイドラインの解説と、対応する必要があるSPFレコード・DKIM署名・DMARCメール認証の設定方法をご紹介します。

メール配信に携わっている方はぜひご視聴ください。

こんな人におすすめ

  • メール配信を行っている企業、担当者の方
  • Gmailガイドラインの変更点について知りたい方
  • DKIM署名、SPFレコード、DMARCの設定方法を学びたい方

30秒で申込完了

セミナー内容

  Gmailガイドラインの変更点と解決策について 

  • Gmail送信者ガイドラインとは
  • 今回のガイドライン変更点について
  • 具体的な対応事項(DKIM署名、SPFレコード、DMARC)など

プログラム内容

日程 お申し込み後、いつでもご視聴していただけます
参加費 無料
開催場所 録画配信 (スマートフォンでも視聴可能です)
注意事項 ・同業他社の方の申し込みはお断りをさせて頂いております
・フリーメールアドレス(Gmail 等)でのお申込はご遠慮ください
・複数名でご参加される場合は、それぞれ別のメールアドレスでお申込ください
お問合せ先 株式会社ラクスライトクラウド セミナー運営事務局
Mail:rlc-info@rakus-lc.co.jp

お申込みはこちら

講師紹介

株式会社ラクス
配配メールプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)
高嶋 洋

2019年ラクス入社し、メール配信事業にてCS組織の立ち上げを推進。その後、メールマーケティングサービス『配配メール』のプロダクトマネジメントに従事する。過去の営業/インサイドセールス/Web企画/CSでの幅広い経験を活かし、現在はメールマーケティングツールというポジショニングから、中小企業の本質課題である「商談不足」と向き合い、ラクに商談獲得が出来る製品にシフトすべくプロダクト企画・開発を行っている。

オンライン開催(参加無料)

アーカイブ配信セミナー

セミナー一覧 >
契約数13年連続No.1のメール配信システム「ブラストメール」
詳しくみてみる >