メール配信、マーケティングに
役立つ最新ノウハウが届く!

誰でもカンタンにメルマガ・メール配信をはじめられるブラストメール

中小企業のための効果的な宣伝方法とは?中小企業における集客の問題点について解説

ホーム マーケティング 中小企業のための効果的な宣伝方法とは?中小企業における集客の問題点について解説
2022.01.31 マーケティング

多くの中小企業は宣伝にかけられる予算や人員が限られています。そのため、「限られたリソースの中で大きな効果が出せる宣伝方法はないものか」と頭を抱える方は少なくないでしょう。

本記事ではそんな方のために、中小企業に適した宣伝方法について詳しく解説します。中小企業における宣伝の問題点や、宣伝方法を選ぶ際のポイントなどについても触れていくため、ぜひ参考にしてください。

多くの中小企業に当てはまる宣伝の問題点

まずは多くの中小企業が抱える宣伝の問題点から解説していきます。

  • 見込み客や潜在顧客の集客・育成に目を向けていない
  • ターゲットを意識したコンテンツが発信できていない
  • Webを使った宣伝方法の特徴や仕組みが理解できていない

あなたの会社にも、どれか一つは当てはまる項目があったのではないでしょうか? それでは各問題点について詳しく解説します。

見込み客や潜在顧客の集客・育成に目を向けていない

多くの中小企業にとって資金繰りは最優先課題です。資金繰りを解決するには借り入れや補助金といった施策に取り組むことも大切ですが、何よりも事業で継続的な収益を上げることが本質的な解決方法でしょう。

そして継続的な収益を得るには、単発の利益だけでなく、将来的な利益にも目を向けて潜在顧客を育成することが重要です。また、そのためには顧客の検討プロセスを理解した上で購買意欲を高め、各ステップで適切なコンテンツを適切な方法で提供しなければなりません。

多くの中小企業は目先の利益を上げるために広告や営業などといった、いわゆるプッシュ型の宣伝方法ばかり行っています。将来的な顧客を獲得するという意味では、価値提供やニーズの解決に重きを置いた、長期的な情報発信にも注力していきましょう。

ターゲットを意識したコンテンツが発信できていない

ブログやSNSは自社商品・サービスの宣伝に有効なツールです。しかし、「とりあえず投稿しなくちゃ」というスタンスで運用している中小企業が多いのが現実でしょう。そのようなスタンスではいずれ競合に遅れを取ってしまいます。

宣伝ツールを運用する上で押さえておくべきは、ターゲットを意識したコンテンツ発信です。ターゲットのニーズや欲求に応えるお役立ちコンテンツを投稿することで、「この会社がやっていることは信頼できる」と思ってもらえるようになります。

そして、これは将来的な顧客を育てることに直接つながります。ブログやSNSを運用するなら、新商品や営業案内といった告知ばかりではなく、自社の強みをコンテンツという形で発信して、市場にアピールしましょう。

Webを使った宣伝方法の特徴や仕組みが理解できていない

「検索エンジンの上位表示がなかなか獲れない」「SNSの反応が少ない」といった悩みをもつ中小企業のWeb担当者は少なくありません。ほとんどの場合、それは各Web媒体が持つ特徴や集客の仕組みが正しく理解できていないためです。

Webを使った宣伝の特徴や仕組みを理解し、正しくリソースを費やせば効果はかならず現われます。また、記事の後半ではWebを使った宣伝に慣れていない企業におすすめの宣伝方法について詳しく解説するため、ぜひこのまま読み進めてください。

中小企業に適した宣伝方法のポイント

先ほど解説した中小企業の問題点を踏まえた上で、ここからは中小企業に適した宣伝方法を選ぶポイントを3つ解説します。

  • 低コストで行える
  • 費用対効果・時間対効果が高い
  • 継続的な集客やLTVの向上につながる

低コストで行える

予算が少ない中小企業は、必然的に選択可能な宣伝方法の種類や規模が限られてきます。

例えば飲食店の場合、適切な宣伝費は売上の5〜10%とされています。これは、もし月の売上が300万円だったなら毎月15〜30万円しか宣伝に費やせない、ということです。

そのため、大規模なユーザーにリーチできる宣伝方法や、最初にまとまった広告費が必要な宣伝方法より、継続的に運用しても負担の少ない宣伝方法を中小企業は選ぶべきといえます。

その点Webを使った宣伝方法は中小企業に適しています。なぜなら、ほとんどのWeb集客は宣伝費をコントロールしやすいためです。例えばWeb集客の中では比較的高コストなWeb広告は、広告費の上限を設定することで予算を上回らないように運用できます。

費用対効果・時間対効果が高い

どれだけコストの低い宣伝方法でも、コストを回収できる集客効果が出なければ意味がありません。つまり低コストなだけでなく、費用対効果の高い宣伝方法を選ぶことも中小企業の集客戦略に必要です。

費用対効果の高い宣伝方法の特徴としてはターゲティングが利くことです。ターゲティングが利く宣伝方法なら、潜在顧客ではないユーザーにリーチする可能性を減らせるため、余計なコストを支払わずに済みます。

また、人員が限られている中小企業の場合、時間対効果が高いことも重要です。例えば見込み顧客100件にアプローチしたい場合、一件5分のテレアポだと8時間以上はかかる計算ですが、メルマガなら長くても1時間かからないでしょう。

継続的な集客やLTVの向上につながる

ビジネスを何年、何十年と持続させるためには、継続的な集客やLTV(顧客生涯価値)の向上につながるようなマーケティングの仕組み作りが欠かせません。

そのためには、認知はないが潜在的なニーズはあるユーザーや、すでに自社商材を購入したことがある顧客に向けたアプローチが得意な宣伝方法を選ぶのがポイントです。

Webを使った中小企業の宣伝方法5選

ここからは、中小企業におすすめのWebを使った宣伝方法を5つ解説します。

  • SEO
  • メルマガ
  • MEO
  • SNS
  • Web広告

SEO

潜在顧客の見込み顧客化が狙える、継続的な集客につながるといった特徴をもつのがSEO(検索エンジン最適化)による宣伝方法です。SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンユーザーを集客するためのWeb施策を指します。

参考:【初心者向け】SEOとは? 基本をわかりやすく解説します

例えばセレクトショップのブログの場合、「コート 着こなし」のようなキーワードで検索するユーザーの集客を狙い、「オシャレなロングコートの着こなし方」といったタイトルの記事をWebに公開して検索結果の上位表示を狙います。

SEOのメリットとしては、一度施策が軌道に乗れば低コストで継続的な集客が得られることです。ただし、効果が出るまで時間がかかるため、長期的に取り組んでいく必要がある点はデメリットです。

また、自社でSEOに取り組む場合はノウハウのキャッチアップが必要なのと、コンテンツを生産するための人的リソースの確保が必要なのも難点です。外注ライターやコンサルタントを利用する手段もありますが、そうなると低コストで集客できるというメリットが半減します。

そのため、SEOを実践する場合はどの業務を外部に委託するかが重要です。例えば戦略の立案からコンテンツの制作まですべて委託するとまとまった予算が必要ですが、記事のライティングだけ外注するなら低コストで済みます。

SEOの特徴まとめ

  • 潜在顧客に宣伝できる
  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 一度軌道に乗れば低コストで継続的な集客力が得られる
  • 自社でSEOを行う場合、ノウハウのキャッチアップや人員確保が課題

メルマガ

メルマガはメールを使ってユーザーに宣伝する方法で、SEOと違って運用経験がなくても効果が出しやすく、なおかつ低コストで実践できます。そのためメルマガは、宣伝に慣れていない中小企業でも実践しやすいのが特徴です

また、顧客リストさえあれば今すぐにでもアプローチできる点もメルマガの強みです。SEOは上位表示を獲得するために何ヶ月も必要ですが、メルマガを使えば送信ボタンを押すだけでコンテンツをユーザーに届けられます。

メルマガといえば一斉配信という印象がありますが、実はターゲティングも利かせられます。メルマガを配信する企業の多くは、メール配信システムのターゲット配信機能を活用して、顧客を絞り込んで宣伝を行っています。

しかも、メール配信システムは月額4,000円などの低コストで導入可能なため、宣伝予算への負担も軽微といえます。総合的に見て、メルマガは数あるWeb集客の中ではもっとも中小企業におすすめの宣伝方法です。

なお、当サイトの下記資料は、これからメルマガを始める方々のために、メルマガの作り方・送り方を分かりやすく解説しています。無料でダウンロードできるため、宣伝のお供にぜひご活用ください。

参考:これで全部分かる。もう迷わない。みんな読んでるメルマガ作り方大全

メルマガの特徴まとめ

  • 見込み顧客や既存顧客に宣伝できる
  • 顧客リストさえあればすぐに宣伝が始められる
  • ターゲット配信を利用することで費用対効果の高い運用が可能
  • 運用経験がなくても効果が出しやすい
  • 配信リストの件数が多い場合は専用ツールの導入が必須

メルマガ配信にはメール配信システム「blastmail」がおすすめ

一定の規模がある顧客リスト(100件以上など)へメルマガを安全に配信する場合、メール配信システムの導入が必須となります。GmailやOutlookなどのBCC配信を使った一斉配信は、顧客情報の漏洩やスパム判定を受けるといった問題につながるためです。

参考:プロが教える!一斉メール配信にBCCをお勧めしない理由と、正しいBCCの使い方!

メール配信システムには様々なサービスがありますが、中小企業におすすめなのは「blastmail(ブラストメール)」です。blastmailはメルマガ配信の経験がない方でも直感的に操作できる管理画面が特徴で、9年連続で顧客導入数No.1を獲得した人気サービスとなっています。

また、月額4,000円から導入可能となっており、宣伝費が限られている中小企業にフィットした価格設定も特徴です。blastmailは現在7日間の無料トライアルを提供しているため、興味があれば今すぐ申し込みましょう。

無料お試し申込みフォーム|ブラストメール

MEO(ローカルSEO)

MEOは「ローカルSEO」ともいって、Google マップユーザーを狙った集客方法のことです。Google マイビジネスというGoogleのビジネス向けサービスに店舗情報を登録したり、顧客に口コミ投稿を依頼することで、検索エンジンやGoogleマップでの上位表示を狙う、というのが具体的な宣伝方法になります。

スマホや位置情報機能の浸透により、Googleマップを使って店舗を選ぶ動きは年々加速しています。それまで地域情報誌が担っていた役割が、今やGoogleマップへとシフトしつつあるのです。

実際に「飲食店を探すときはグルメサイトよりもGoogleマップを使う」ユーザーが増えていることを示す調査結果もあります。リアル店舗を伴うビジネスを行うなら、MEOは確実に対策しておきたいところです。

記事執筆時点(2022/01/23)におけるMEOの特徴は、競合が少ないことです。特に地方は都会ほどMEOの概念が広まっておらず、地域によっては入れ食い状態なこともあります。

ビジネス情報の登録は下記ページから無料で行えるため、まだ登録していない方は優先的に取り組みましょう。

Google マイビジネス – Google で顧客エンゲージメントを促進

MEOの特徴まとめ

  • 地域ユーザーに宣伝できる
  • 場合によっては対策コストがほとんどかからない
  • 比較的競合が少なく、特に地方ビジネスほど対策が不十分な業者が多い(2022年1月現在)
  • ネガティブ評価の可能性は排除できない

SNS

拡散力のあるWebの宣伝方法といえばSNSです。SNSはアクション(いいね! やシェアなど)のハードルが非常に低く、投稿がうまくハマれば大量の認知を一気に獲得できます。

代表的なものとしてはTwitter、Instagram、Facebookの3つが挙げられ、それぞれ特徴がまったく異なります。

例えばInstagramは画像・動画投稿に特化しており、若年層の集客に向いています。一方Facebookは中〜高齢層のユーザーが多く、「Facebookページ」という無料のビジネス向け機能が提供されています。

TwitterはInstagramとFacebookに比べて汎用的な利用が可能で、ユーザーが多いため情報の拡散性はもっとも強力なSNSです。そのため、どのSNSを運用すれば良いか分からない場合、Twitterから始めてみることをおすすめします。

SNSの特徴まとめ

  • 拡散力があり、一気に大量の認知を獲得するための宣伝が可能
  • ブログのアクセス獲得やキャンペーン開催に利用できる
  • コミュニケーションを通してユーザーの声が聞ける
  • サービスによって特徴が大きく異なるため、自社に合ったSNS選びが重要
  • 定期的に投稿するためのネタ集めや人員確保が課題

Web広告

Web広告はここまでに紹介した宣伝方法の中ではもっともコストが高くつきますが、運用すればほぼ確実に集客効果が得られます。なぜなら多くのWeb広告は、「広告が見られた、押された」「商品が購入された」など、何らかのユーザーアクションが起きないかぎり広告費が発生しないためです。

また、Web広告はターゲティングが可能なため、マス広告などの従来の宣伝方法と比べて高い費用対効果が得られます。

ただしWeb広告と一口にいってもリスティング広告、SNS広告、アフィリエイト広告など様々な種類があり、料金体系も異なります。自社の予算や商材のジャンルに合わせて適正な種類を選びましょう。

Web広告

  • 短期で集客効果が得られる
  • たいてい成果報酬型の料金体系になっている
  • 宣伝したいユーザーだけに広告を届けられる(ターゲット広告)
  • リスティング広告、SNS広告、アフィリエイト広告など様々な種類がある
  • 自社運用する場合はノウハウのキャッチアップと人員確保が課題

中小企業の宣伝方法まとめ

中小企業は限られた予算・人員の中で収益を出し続けなければなりません。そこで重要なのは、費用対効果と時間対効果を両立する媒体を選択することです。この条件にぴったり合うのは、やはりWebを使った宣伝方法といえます。

今回はSEOやメルマガなど全5種類のWebを使った宣伝方法を解説しましたが、それぞれまったく特徴が異なるのがお分かりいただけたでしょう。最後に各宣伝方法の特徴や、どの方法がどんな企業に向くかをまとめておきます。

  • SEO
    検索エンジン経由で潜在顧客を集客するための宣伝方法。見込み顧客の獲得に強い課題感を持つ中小企業におすすめ
  • メルマガ
    見込み顧客の育成や既存顧客のファン化が得意な宣伝方法。宣伝に不慣れだったり、宣伝予算が限られている中小企業におすすめ
  • MEO
    Googleマップユーザーを狙った宣伝方法。競合が比較的すくなく、地域ビジネスをやっている中小企業なら必ず実践しておきたい
  • SNS
    拡散性があり、大量の認知獲得が可能な宣伝方法。ブログのアクセスアップやキャンペーンの宣伝、ユーザーと双方向のコミュニケーションを図りたい中小企業におすすめ
  • Web広告
    成果に応じて広告費が発生するため、ほぼ確実に集客効果が得られる宣伝方法。ある程度まとまった予算が用意できるならおすすめ

中でもメルマガを使った宣伝は多くの中小企業におすすめできます。手元に顧客リストがあればすぐに宣伝でき、運用経験がなくても効果を出しやすいのがメルマガの強みなので、あなたもぜひメルマガの活用を検討してみてください。

契約数13年連続No.1のメール配信システム「ブラストメール」
詳しくみてみる >