【2020】フリーメールのおすすめランキング最新版!

2020.04.30 メール

無料で作成することができるフリーメールですが、どれを使えば良いのか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

この記事では、おすすめのフリーメール5つを最新の情報とともにご紹介しています。それぞれのフリーメールごとに特徴があるので、ビジネスや私用など、シーンごとに上手に使い分けましょう。

また、後半では各フリーメールのサポートにユーザーから寄せられている質問をQ&A方式でご紹介しています。

おすすめのフリーメールを比較して、自分の用途に一番合ったものを選んでみましょう。

そもそもフリーメールって?

そもそもフリーメールとは、無料で利用できるメールサービスのことを指します。

利用には各フリーメールに登録をする必要があり、サービスによっては有料版を利用することで機能を拡張できるものもあります。

これからご紹介する、GmailやYahoo!メールなどは代表的なフリーメールのサービスです。

フリーメールと区別していただきたいものとして、携帯キャリアが提供する「キャリアメール」や、ネットと回線を繋ぐプロバイダから提供される「プロバイダメール」があります。

これらは、利用に料金がかかるサービスで、今回ご紹介するフリーメールとは別のサービスです。

なぜ、同じメールサービスなのに料金に差が出るのかというと、フリーメールはサービスの利用者の送受信などを通じて情報を収集したり、サービスの中に広告掲載をすることによって収益を得ているからです。

情報の収集、と聞くと不安に思ってしまうかもしれませんが、GoogleやYahoo!などの大手企業が運営しているフリーメールは高いセキュリティを誇っています。

キャリアメールが付いてこない格安SIM端末の需要が増えている点を考慮しても、フリーメールのセキュリティは信用できるものであることが分かるのではないでしょうか。

フリーメールを選ぶ時の注意点

この記事ではおすすめのフリーメールサービスをランキング形式でご紹介していますが、今回ご紹介している中でもどのような観点から、利用するフリーメールを選べば良いのかを解説したいと思います。

セキュリティ

まずは、セキュリティです。

先ほどご紹介したように、大手企業が提供しているフリーメールサービスは安心して使うことができるセキュリティが備えられていますが、中には安全とは言い難いサービスもあります。

この記事でご紹介しているフリーメールサービスのように、安心して使えるものを選びましょう。

アプリの有無

スマホでフリーメールを使用する場合は、アプリがあった方が便利です。

専用のアプリがあることで、メールボックスの管理や送受信が非常に楽になるので、スマホでフリーメールを利用しようと考えている方は、アプリがあるかチェックしておきましょう。

今回ご紹介しているフリーメールは全てのサービスでアプリを提供していますが、使いやすさには大きな差があります。

この記事での解説や口コミをよく読んで選びましょう。

メールボックスの容量

メールボックスの容量はフリーメール毎に違います。

フリーメールのメールボックス容量はキャリアメールやプロバイダメールと比較すると、送受信できるメールのサイズや、メールボックス自体の容量が小さめに設定されていることが多いです。

最近はメールボックスの容量が10GB以上のサービスが増えていますが、出来るだけ容量が大きいものが良いでしょう。

フリーメールのおすすめランキング5!

ここからは、おすすめのフリーメールをランキング形式でご紹介します。

セキュリティが充分なものをご紹介していますが、先ほどご紹介した注意点を考慮して、自分にあったサービスを選びましょう。

Gmail

『Gmail』はGoogleが運営するフリーメールサービスです。セキュリティはもちろん、送受信やメールボックスの容量を考えても、充分なサービスです。

提供 Google
ドメイン @gmail.com
メールボックス容量 15GB
ウイルス対策(セキュリティ) あり
スマホアプリ あり
登録時間 3分
サービス内の広告 なし
有料プランの有無 あり
備考 Googleアカウントの作成が必須

タブを使うことでフォルダ分けをすることも可能な上、フリーメールの中では容量も多いのでビジネスで使用している方もいます。この後ご紹介しているフリーメールと比較しても、バランスの取れたおすすめのフリーメールサービスです。

Gmailを利用するには、Googleアカウントの作成が必須です。

また、Gmailので送受信されたメールは、アカウント内のドライブに保存されるので、写真や動画などをドライブに保存すると、思ったよりも早く上限に達してしまうことがあるので注意しましょう。

有料サービスを利用することで、ドライブ(メールボックス)の容量は無制限になりますが、送信は1日に2,000件までと上限が決まっています。

ビジネスでこれより多くの方へ向けてメールを送信することがある方は、先述したメール配信サービスの利用を検討しましょう。

なお、Gmailには標準でメール送信や管理を便利にする機能が幾つも備わっています。

そんなお役立ち機能を資料形式でご紹介していますのでぜひお役立てください。

【大好評!】Gmailを便利に使うマル秘テクニックガイド(無料)

Yahoo!メール

『Yahoo!メール』はYahoo が提供するフリーメールです。

日本でも多くの人が使っている老舗のサービスなので、セキュリティや使いやすさには定評があります。

提供 Yahoo!
ドメイン @yahoo.co.jp
メールボックス容量 最大10GB(利用状況に応じて増減)
ウイルス対策(セキュリティ) あり
スマホアプリ あり
登録時間 3分
サービス内の広告 あり
有料プランの有無 あり
備考

メールボックスの容量は2GBに設定されていますが、利用状況に応じて10GBまでは無料で増量されます。

家族や友人との連絡用などで使用する分には充分でしょう。

ただし、半年以上利用していないユーザーは自動的にサービスが停止してしまうデメリットもあります。

利用停止になってしまうと、メールボックス内のメールや添付ファイル、カスタムした設定などは完全にリセットされてしまいます。

基本的なサービスは無料ですが、利用期間によってリセットされるシステムは注意が必要です。

Outlook

『Outlook』はMicrosoftが提供するサービスで、以前は「Hotmail」という名前でサービスを提供していました。

MicrosoftのPCなどを使っている方はOfficeを契約し、Outlookメールをメインで利用すれば便利でしょう。

提供 Microsoft
ドメイン @hotmail.com

@live.jp

@outlook.com

メールボックス容量 15GB(有料サービスは50GB)
ウイルス対策(セキュリティ) あり
スマホアプリ あり
登録時間 5分
サービス内の広告 あり
有料プランの有無 あり
備考

もちろんフリーメールとしてご紹介しているので、Officeを契約せずに無料で使用することもできますが、その場合は広告が掲載されるのが難点です。

またアプリも開発されていますが、挙動の問題発生率が高く、評判は良くないようです。

AOLメール

『AOLメール』はアメリカの会社が運営しているフリーメールサービスですが、日本語にも対応しています。

一番の特徴は、今までのフリーメールとは違い、無料の範囲で利用してもメールボックスの容量が無制限である点です。

ただし、送受信時の添付ファイルのサイズは他のフリーメールと比較して16MBとやや小さめです。

提供 AOL Asia Limited
ドメイン @aol.jp
メールボックス容量 無制限
ウイルス対策(セキュリティ) あり
スマホアプリ あり
登録時間 3分
サービス内の広告 あり
有料プランの有無 あり
備考 アメリカのサービス(日本語には対応)

一番の難点は日本に電話問い合わせ窓口が無い点です。

Gmailも電話でのサポートが受けられるのは有料版のアカウントのみですが、Googleとボランティアで運営されているウェブ上のサポートが充実しているため、殆どの問題はそこで解決できます。

Gmailと比較すると規模が小さいAOLメールでは、問題が発生した際に解決が遅れてしまう可能性があるので注意しましょう。

iCloud Mail

『iCloud Mail』はAppleが提供するフリーメールです。

利用にはAppleIDの作成が必要なので、他のサービスと比較するとやや利用までに時間がかかりますが、iCloudを使えば最大5GBまでのファイルを添付することができるのは大きな魅力です。

提供 Apple
ドメイン @icloud.com
メールボックス容量 5GB
ウイルス対策(セキュリティ) あり
スマホアプリ なし
登録時間 10分
サービス内の広告 なし
有料プランの有無 あり
備考 AppleIDが必須

有料版のサービスを使えば添付できるファイルのサイズは無制限になります。

ただしご覧のようにメールボックスの容量はGmailの1/3にあたる5GBです。

そして送受信したメールや添付ファイルはiCloudに保存されるので、実際にフリーメールとしてのみ使える容量はさらに小さくなってしまいます。

Apple製品をお持ちな上、主な連絡ツールがメールではない方であればおすすめのフリーメールです。

フリーメールに多いQ&A

ここからはご紹介してきたフリーメールのサポートに寄せられている質問をご紹介したいと思います。

これからフリーメールを利用しようと考えている方にも知っておいていただきたい情報を厳選しているので是非ご覧ください。

無料で使えるのに安全なの?

この記事でご紹介したものは、無料で安全に利用ができます。

ただし、メールボックス容量の拡張など一部有料サービスもあります。

理論上「100%安全」とは言い切れませんが、セキュリティの問題に関するリスクは低いです。

スマホでも使えるフリーメールは?

今回ご紹介しているサービスは全てスマホでも利用できるフリーメールです。

ただし、アプリの使いやすさや挙動に関しては、フリーメールサービス毎に差があるのでメールボックス容量の上限と合わせて選択基準にしましょう。

フリーメールが届かない場合はある?

殆どの場合はフリーメールからでも問題なくメールが届きますが、ごく稀にフリーメールを迷惑メールに分類している企業もあるようです。

多くの方がフリーメールを利用しているので、今後はさらにそういった企業も少なくなるのではないでしょうか。

移行する際にアドレス帳は移動できる?

「フリーメールA→フリーメールB」や「キャリアメール→フリーメール」など乗り換え時の、メールボックスの同期は、CSVファイルをエクスポートすることでできる場合が多いです。

CSVファイルのエクスポートの仕方はサービスによって違うので、サポートを使って検索をしてみるのがおすすめです。

Gmailの場合は連絡先のエクスポートとバックアップ – パソコン – 連絡先 ヘルプの記事に方法が記載されています。

まとめ

今回ご紹介したフリーメールは無料で使える上にセキュリティ面でも安心することができる、おすすめのサービスです。

メールボックスの容量や、アプリの使いやすさなどから自分に合ったフリーメールを選択しましょう。

フリーメールはコストがかからない一方で、大量配信をするには不向きなです。

メールアドレスを使って、集客やリストマーケティングを検討している場合は、メール配信サービスの活用も検討しましょう。

契約数9年連続No.1のメール配信サービス「ブラストメール」
詳しくみてみる >
7日間の無料トライアルをお試しください
契約数9年連続No.1!月額3,000円から使えるメール配信サービス「ブラストメール」。今だけ7日間無料キャンペーン実施中!
無料トライアル
目次