コンテンツマーケティングと「SEO」の違いを分かりやすく解説

2021.04.19 マーケティング

コンテンツマーケティングと「SEO」の違いを分かりやすく解説

コンテンツマーケティングとSEOは「効果が出るまで時間はかかる」「広告を回さずに効果を出す」など、似通っている部分があります。

しかし結論からいうと、コンテンツマーケティングとSEOは異なる概念です。そのため両者を混同してしまうと、コミュニケーションや情報収集に悪影響が生じる可能性があります。

そこで、本記事ではコンテンツマーケティングとSEOについて分かりやすく解説していきます。コンテンツマーケティングとSEOの違いを一言でいえない人は、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングとSEOとは何か?

コンテンツマーケティングとSEOの違いを理解するには、両者の基本概念を知る必要があるでしょう。そこで、まずはコンテンツマーケティングとSEOがどういったものかについて、詳しく解説していきます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、自社の商品に関連するお役立ち情報(コンテンツ)を提供していくことで、ユーザーを購買行動へとつなげていくマーケティング形態のひとつです。

テレビCMやWeb広告といった商品を売り込むマーケティングと違って、商品を一切売り込まない点がコンテンツマーケティングの特徴となります。

コンテンツマーケティングでは潜在顧客を育成し、見込み顧客へと成長させ、最終的にファン化することを目的とします。

そのために、コンテンツマーケティングでは以下のフローで取り組むのが良いでしょう。

  1. 認知
  2. 興味関心
  3. 比較検討
  4. 購買

例えば株式会社ベーシックという企業は、日本最大級のWebマーケティングメディア「ferret」を運営しています。

参考:マーケターのよりどころ「ferret」

ベーシック自体はマーケティング支援ツールの提供や、ferretでの記事広告・求人掲載といった事業を展開しています。しかしながら、ferretの記事を一読しただけではベーシックの事業が何かは伝わってきづらいでしょう。

コンテンツマーケティングのポイントは、まさにその部分にあります。ferretはベーシックの事業を宣伝するメディアというより、あくまでマーケティングの知識・情報をメインに提供するメディアなのです。

ferretは「ロングテールSEO」「3C分析」といった、多くのマーケティング関連キーワードで検索結果上位を獲得しています。そのためマーケターとして情報収集していれば自然とferretにアクセスする機会も増えるはずです。

そうしていくうちにferretに対する信頼度が上がり、最終的には「どんな会社が運営なんだろう?」「うちのプロダクトや求人もferretさんで紹介してもらいたい」というニーズにつながっていくでしょう。

このように、最初から悩み・欲求の解決に焦点を当て、ユーザーをファン化させてから購買につなげる、というのがコンテンツマーケティングの仕組みなのです。

なお、コンテンツマーケティングの詳細や事例については以下の記事でも解説しています。あわせて参考にしてみてください。

【2021年最新】コンテンツマーケティングとは?

SEOとは?

SEO(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahoo!の検索結果でWebサイトを上位に表示させるための集客施策です。

SEOの特徴は、広告費を一切かけずとも継続的な集客が見込めることにあります。

例えばWeb広告であれば、広告が表示されたり、クリックされたりした分だけお金がかかります。一方、SEOでは検索結果に表示されたり、検索結果が押されたりするのにお金はかかりません。

SEOによってかかるお金は、基本的にサイトやコンテンツを作成・維持するのにかかる分だけです。そのため一度、検索結果で上位が獲得できれば、ローコストで中~長期的に大きな集客を得られます。

なお、SEOの基本についても別途、以下の記事で詳しく解説しています。

【初心者向け】SEOとは? 基本をわかりやすく解説します

コンテンツマーケティングとSEOはここが違う!

コンテンツマーケティングとSEOは、そもそも根本的な概念が異なります。先述したように、両者はそれぞれ以下のような概念です。

  • コンテンツマーケティング
    商品を売るための仕組みのこと
  • SEO(検索エンジン最適化)
    集客方法のこと

言い換えると、コンテンツマーケティングは「どうやって商品を売るか」という概念で、SEOは「どうやって集客するか」という概念なのです。

もちろん細部で異なる部分も多くありますが、それらはすべて「そもそも概念が異なるから」ということに帰結します。

コンテンツマーケティングとSEOについて考えるときは、概念の違いを念頭に置き、両者を混同してしまわないように注意しましょう。

コンテンツSEOだけがコンテンツマーケティングではない

コンテンツSEOとは、コンテンツの質・量の充実を重視するSEO施策です。コンテンツマーケティングを行う際にもコンテンツSEOを主戦略とすることが多く、「コンテンツSEO=コンテンツマーケティング」と思っている人も少なくないでしょう。

しかしながら、コンテンツSEOだけがコンテンツマーケティングではありません。SNSやメールといった、検索エンジン以外の媒体を活用するコンテンツマーケティングも存在します。

コンテンツマーケティングは、あくまでも「コンテンツを活用するマーケティング」という包括的な概念なのです。コンテンツマーケティングの視点で見たとき、SEOは手段のひとつでしかありません。

コンテンツマーケティングを成功させるための4ポイント

コンテンツマーケティングを成功させるには、以下の4ポイントが肝心となってきます。

  • 効果測定の環境を整える
    コンテンツマーケティングは、
    施策が数字に直接つながっているかどうかが見えにくいというメリットがあります。そのため、分析ツールを準備したり、コンテンツ経由のコンバージョンを識別できるようにしたりなど、効果測定の環境を整えるのが重要です。
  • トレンドに対して常にアンテナを張る
    ユーザーがどんなコンテンツを欲しているかは、世の中のトレンドによって変わります。検索エンジンのアップデートといった環境の変化によっても、取るべき施策は変化します。コンテンツマーケティングを素早く成功させるには、トレンドや情報の更新に気を配っていく必要があるのです。
  • 継続する
    広告と違ってコンテンツマーケティングに即効性はありません。そのため、コンテンツマーケティングは中~長期的な目線で取り組んでいく必要のある施策です。効果が出ない間も根気強く「続ける」ということを意識しましょう。もちろん、事前に計画を綿密に立てるのも重要です。
  • クラウドソーシングを最大限活用する
    SEOでも同様ですが、スピーディーにコンテンツを量産するにはクラウドソーシング(外注)を活用するとよいでしょう。クラウドソーシングであれば、コストを抑えつつも良質なコンテンツを量産することが可能です。

コンテンツマーケティングは広告と比べると即効性が低いのがポイントです。この点はSEOでも同様のことがいえます。

コンテンツマーケティングもSEOも、長期目線で取り組んでいかなければ成功させるのは難しいため、根気強く取り組んでいきましょう。

なお、コンテンツマーケティングに関するさらなる詳細は、以下の記事でまとめています。コンテンツマーケティングの事例もいくつか紹介しているので、参考にしてみください。

【2021年最新】コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとSEOの相性は良い

コンテンツマーケティングとSEOを混同するのは間違いですが、両者の相性が良いことも事実です。

両者の相性が良い理由のひとつめは、「まずは売り込まない」というコンテンツマーケティングの趣旨と、SEOの性質がマッチしている点にあります。

SEOによって集まるユーザーは能動的にサイトへアクセスしてくるため、ブランドや商品のアピールをしなくとも信頼度を高めやすいのです。

ふたつめの理由は、両者ともに「ブランディングしやすい」というメリットが共通していることにあります。

例えばSEOの面では、検索結果の上位に表示される、すなわちGoogleが認めたコンテンツという意味で権威性が強まります。

また、その先のコンテンツが良質かつ独自性のあるものなら、権威性との相乗効果でブランド価値の向上にもつながるのです。

以上を踏まえれば、コンテンツマーケティングにおける集客戦略としてSEOは最適、といっても過言ではありません。

コンテンツマーケティングとSEOが異なる概念とはいえ、必要に応じて両者を関連付けて考える必要もあることも覚えておきましょう。

コンテンツマーケティングと相性の良い「メールマーケティング」

SEOだけでなく、メールマーケティングも実施することでコンテンツマーケティングの成果をさらに高めることができます。

メールマーケティングの特徴

  • 見込み顧客の育成ができる
  • コストをかけずに始められる
  • 実践しやすく効果も出やすい

コンテンツマーケティングの目的は、潜在顧客を育成し、見込み顧客へと成長させ、最終的にファン化することです。

これを実現するための最適な手段がメールマーケティングなのです。

メールマーケティングは数あるマーケティング手段の中でROI(投資対効果)が最も高いと言われています。コンテンツマーケティングに取り組む上で必ず実践したい施策と言えるでしょう。

メールマーケティングについてはこちらの資料で詳しくまとめています。無料でダウンロードいただけますので、参考にしてください。

はじめてでも成果がでる!メールマーケティングの教科書

コンテンツマーケティングとSEOの違いについてまとめ

コンテンツマーケティングとSEOは「広告に頼らない」「ブランディングしやすい」など共通点もありますが、基本的には異なる概念です。

  • コンテンツマーケティング
    商品を売るための仕組みのこと
  • SEO(検索エンジン最適化)
    集客方法のこと

例えば「コンテンツマーケティングにおける集客手段としてSEOを検討する」といった考え方は正しいですが、「コンテンツマーケティングとはSEOとほぼ同義である」いう考え方は間違いとなります。

あくまでコンテンツマーケティングは「コンテンツを活用した販売の仕組み作り」のことで、SEOは「検索エンジンを意識した集客方法のこと」です。両者の概念を正しく把握し、マーケティングへ適切に活かしていきましょう。

お役立ちガイドブック

魅力が伝わる「メルマガタイトル」の付け方ガイド Gmailを便利に使うマル秘テクニックガイド メルマガ作り方大全
お役立ち資料一覧 >
契約数9年連続No.1のメール配信サービス「ブラストメール」
詳しくみてみる >

メルマガ初心者向け、完全無料の「メルマガ作り方」ハンドブック

メルマガ大全

メルマガ配信に興味はあるけど、何から手を付けて良いかお悩みではありませんか?

本書では、ブラストメールのメルマガ配信チームが以下のようなポイントを解説しています。

  • 「見込み客に響く」メルマガ作り方のステップ
  • メルマガの文例
  • 配信ツールの選定方法など

ぜひメルマガ制作にお役立てください

e-bookをチラ見してみる >
目次