海外では常識!?メールマーケティングの最先端を覗いてみよう

2020.05.01 メール

マーケティングの一環としてメールマーケティングを導入している企業は多いと思います。

費用対効果の観点などから、一時はマーケティング業界でも下火に回ったメールマーケティングですが、近年は配信技術の進化で手間をかけずに効果を出しやすくなったこともあり、再び注目を集めています。

この記事では、海外のメールマーケティングのノウハウやトレンドについて解説をしています。

いち早くメールマーケティングの可能性を見出した海外の事例を吸収し、自社のメールマーケティングに応用してみてください。

ビジネスでメールマーケティングを担当している方、これからメールを使ったマーケティングを始めようとしている方は必見です。

海外のメールマーケティングのノウハウ

ここからは、メールマーケティングのノウハウを日本より一足先に確立させた、海外の事例をご紹介していきたいと思います。

UXの徹底

まずはUX(ユーザーエクスペリエンス)の向上です。

UXとは「ユーザーが自社のサービスを通じて得られる体験」のことです。

メールマーケティングの場合は、お客様(ユーザー)あてに送信するメルマガやホームページなども、自社のサービスをお客様に提供しているコンテンツにあたります。

例えば、メルマガの場合は、

  • デザインが綺麗
  • 主張がわかりやすい
  • お問い合わせフォームや購入方法がわかりやすい

などがUXを向上させる要素として考えられます。

サービスを利用しているお客様自身の姿や、生活を想起させるようなデザインや主張を意識することで、集客を目的としたメルマガのUXは向上します。

パーソナライズ化

メール配信サービスの進化によって、多くのお客様にそれぞれの興味関心に合わせたコンテンツを配信することができるようになりました。

以前は同じ内容のメルマガを購読者に向けて一斉送信するのがメールマーケティングの主流でしたが、現在はターゲットを絞りコンテンツを配信していくかがトレンドです。

お客様をセグメンテーションすることはコストの観点から必ずしも効率的ではないと言われています。

しかし、メールマーケティングにおいては、適切な効果測定を行いお客様をセグメンテーションすることで、高い費用対効果を期待することができます。

スマートフォンへの対応

PCだけでなくスマホで表示される機会が増えた現代は、レスポンシブデザインの導入はメールマーケティングの基本とも言えます。

せっかく魅力的な写真を使ったデザインでも、レスポンシブデザインを導入していないと、端末によって正しく表示されません。

レスポンシブデザインを導入し、メールマーケティングを行うことで、どんな媒体で受診されたとしても、意図通りのメールを表示させることができ、訴求力を損わずに集客をすることができます。

動画・イラストを効果的に配置する

メール内に動画やイラストを配置し、デザイン性の高いコンテンツとしてメールマーケティングで注目されているのが、先述したHTMLメールです。

人間は「知覚全体の9割の情報を視覚から得ている」と言われるほど、目で見たものを印象に残しやすい傾向があります。

HTMLメールを使うことで文章の訴求だけでなく、商品やサービスそのものや、利用している様子を紹介できるようになります。

海外のノウハウは日本にあるシステムでも活用できる

今までご紹介してきた、海外で注目されているメールマーケティングに関するノウハウを、全て手動で行うにはかなりの労力が必要になります。

パーソナライズ化されたコンテンツを配信するために、お客様のデータをエクセルなどで管理するだけでも、日々更新されるお客様の情報を最新に保つのは大変な作業です。

また、HTMLメールやレスポンシブデザインを導入したメルマガの作成には、IT関係の知識が不可欠です。

しかし、MAが進んだのは海外だけの話ではなく、日本でも同様です。

先述したメール配信サービスを利用することで、ご紹介してきた海外のノウハウを活用しメールマーケティングを行うことができます。

ここからはメール配信サービスの1つである『ブラストメール』で海外のノウハウを活用する方法をご紹介したいと思います。

「ターゲット配信」でパーソナライズ化

ブラストメールがもつ機能の一つに「ターゲット配信」があります。

この機能を活用することで、お客様のデータが入った配信リストを元に、よりパーソナライズ化したコンテンツをユーザーに配信することができます。

例えば、エクセルでお客様の配信リストを管理していた場合、エクセル関数の仕分け、配信リストの作成、メールソフトへのインポートなどの作業を全て手作業で行わなければなりません。

以前であればこれらの手間がメールマーケティングの大きなネックでしたが、MAが進んだ現在はターゲットを絞ったコンテンツの配信をするハードルは低くなっています。

メールの到達率やクリック率、開封率を分析する「効果測定」機能と組み合わせることで、配信したコンテンツを改善していくことで、よりパーソナライズ化された情報をお客様に届けることができるでしょう。

「HTMLメールエディタ」で直感的にHTMLメールを作成

訴求効果が高く、メルマガの主流でもあるHTMLメールの作成には、IT関係の知識が必須です。

しかし、ブラストメールでは、専門的な知識がなくてもHTMLメールを作成することができる「HTMLエディタ」を兼ね備えています。

以前であれば敷居が高かったHTMLメールを使ってのメールマーケティングも、この機能を使うことで簡単に始めることができます。

もちろん、作成したHTMLメールはレスポンシブデザインに対応しているので、表示される端末を問わずに最適な状態でお客様の元に届きます。

まとめ

費用対効果などの観点から、一時は衰退したメールマーケティングですが、MAの進化に伴ってまた注目を集めるようになりました。

メールマーケティングをいち早く取り入れた海外のノウハウには「パーソナライズ化」「レスポンシブデザイン」「HTMLメール」など、以前では実現のハードルが高かったものが多いです。

しかし、日本でもメールマーケティングに関するMAは進化を続け、これらのノウハウはメール配信サービスを利用することで簡単に実現することができるようになりました。

日々進化するシステムやメールマーケティングの方法を取り入れ、お客様にアプローチをしていきましょう。

記事の中でご紹介したブラストメールは7日間の無料体験期間を用意しています。

この機会に最新のメールマーケティングのノウハウを活かした集客をしてみましょう。

契約数9年連続No.1のメール配信サービス「ブラストメール」
詳しくみてみる >
7日間の無料トライアルをお試しください
契約数9年連続No.1!月額3,000円から使えるメール配信サービス「ブラストメール」。今だけ7日間無料キャンペーン実施中!
無料トライアル
目次