メール配信のプロが厳選! メルマガ配信に使えるWordPressのプラグインまとめ

2020.07.27 メール配信

メールマーケティングは、手軽に始めることができて費用対効果の高いマーケティング手法の一つです。自社の顧客リストを生かしてメルマガ配信を行いたいと考えている企業は多いのではないでしょうか。

しかし、メルマガ配信を始めるにあたり、まだ効果が出るか分からない段階で本格的なメルマガ配信サービスを導入するコストや準備に、二の足を踏んでいる担当者が多いという話をよく聞きます。

そんな時におすすめなのが、WordPressのメルマガ配信用プラグインの導入です。

メルマガ配信用のプラグインを導入することで、無料で便利なメール配信機能を使うことができます。

今回の記事では、メール配信のプロが選んだおすすめのメルマガ配信用プラグインと、どのシステムを導入するか迷った際に抑えるべき注意点について解説していきます。

WordPressでメルマガ配信を行う際におすすめのプラグイン

それでは早速、 WordPressでメルマガ配信を行う際にオススメのプラグインを紹介していきます。

メール配信のプロが実際に使用感を確かめて「使える」と感じたプラグインをまとめているので、導入する際の参考にしてみてください。

Subscribe2

WordPressのメルマガプラグインの中でも代表的な「Subscribe2」です。

WordPress内のメルマガプラグインは、英語表記のものが多いですが「Subscribe2」は日本語化されたファイルが用意されているため、初心者でも比較的簡単に導入できます

メルマガ登録用のフォームや、入力フォームからのアドレスの集積、メール内のファイル添付など最低限の機能をシンプルな管理画面で利用することができます。

「とりあえず WordPressのメルマガ配信用プラグインを使ってみたい」「煩雑な操作メニューや設定はめんどくさい」という場合にはシンプルに運用できる「Subscribe2」を試してみてはいかがでしょうか。

→「Subscribe2」ダウンロードページ

Mail Press

ステップメール機能を使いたいという場合には「Mail Press」がおすすめです。

ステップメールとは、会員登録や問合せを受けた顧客に対して予め準備しておいたメールを設定したスケジュール通りに自動的に配信してくれる機能のことです。ターゲット毎に一定期間、定期的にメールが届くので特別感を感じてもらいやすい効果があります。

無料で使えるプラグインでステップメール機能が備わっているものは少ないので、コストを減らして高機能なプラグインを導入したいといった場合に最適。

HTML形式のメールも作成できるため、ファッションやインテリアなどビジュアルで訴求効果を高めたいといった場合にも有用です。

高機能で非常に魅力的なプラグインですが、日本語対応していないので導入や設定等が分かりづらいというデメリットがあります。

→「Mail Press」ダウンロードページ

MailPoet Newsletters (Previous)

MailPoet」は日本語対応で、送信元をGmailかSMTPから選択します。両者はスパム扱いを受けることが少ないので購読者への到達率を高めることができます

操作もシンプルなので、複雑なプラグインを避けたいと思っている方におすすめです。サイトの更新を知らせるメールや、会員登録に対する自動返信メールなど豊富な機能も魅力的です。

こちらは、有料版のプラグインも用意されています。有料版ではECサイト向け機能として、商品に関する情報を自動配信できる機能などもあります。

→「Mail Poet」ダウンロードページ

Email Subscribers & Newsletters

Email Subscribers & Newsletters」は日本語対応はしていないものの、 10万件以上ダウンロードされており、レビューの評価も高い実績あるプラグインです。

シンプルで使いやすいHTML作成エディタが用意されており、直感的に画像やリンクの挿入を行うことができるのも魅了的です。初心者の方でも簡単にデザイン性の高いメールを作ることができるでしょう。

会員登録の際の自動返信メールや、記事の新着情報などその他の最低限の機能も充実しており、日本語化されていないというハードルさえ乗り越えることができるのであればおすすめです。

→「Email Subscribers & Newsletters」ダウンロードページ

WordPressのメルマガプラグインを導入する際の注意点

いくつかメルマガのプラグインを紹介しましたが、それぞれ機能が違うので導入の際にはしっかり比較しましょう。

今回紹介したプラグインは全て無料で使えるものです。しかし無料の場合、登録できるメールアドレスの件数が少なく(平均1,000件ほど)、月の配信メール数に制限があるものが多く存在します。

また、プラグインではなく自身の使っているサーバー自体に配信数の制限が設けられていることもあります。

もっと多くのユーザーにメールを届けたい、毎日メルマガの配信を行いたいと考えている場合には、有料のプラグインかメール配信専用のシステムを導入することをおすすめします。

メルマガにはWordPressプラグイン? メール配信サービス?

メルマガ配信を行うには、 WordPressのプラグインを使うか、メール配信サービスを使うかの2種類の方法があります。

WordPressのプラグインは無料で初心者にも気軽に利用できるというメリットはありますが、メール配信サービスに比べると機能が劣ります。また、英語表記にしか対応していないプラグインの場合、設定が難しく何かトラブルがあった際も、問題解決に時間がかかります。

メール配信サービスは、メール到達率が良いことはもちろん、アドレスの登録件数や配信上限も大きく、効果測定機能も充実しています。メルマガの効果を上げたいのであれば効果測定は必須です。

メールの開封率をはじめ、開封したユーザー情報、開封日時、URLのクリック状況を測定することは、その後のメールマーケティング戦略を考える際の非常に重要な数値になります。

セキュリティ面に関しても、 WordPressのプラグインを使ってメール配信の管理をするよりも優れています。

WordPressのプラグインは無料なので気軽に使うことができますが、設定に手間取ったり、欲しい機能が揃っていない場合があります。また、アドレスの登録件数や配信数にも制限があり、大量に一斉メール送信する際にも遅延が生じてきます。

メルマガを使って売上拡大を目指す場合や、長期的ににメルマガ配信を行っていきたいと考えているのであれば、メール配信専用のサービスを利用は必須と言えるでしょう。

メール配信サービスについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

5分で分かる! メール配信システムの仕組みとは? メーラーとの違いも解説します。

まとめ

以上、メルマガ配信用のWordPressプラグインの紹介と、プラグイン選びの際の注意点について解説してきました。

プラグインを選ぶ際は以下の3点を比較しましょう。

・配信数やアドレス登録数の上限
・日本語対応しているか
・機能の充実度

プラグインは無料で手軽に導入できるというメリットがありますが、メルマガを本格的に行いたいという場合には、専門のメール配信システムをがおすすめします。メールの送り先が多い場合は、プラグインだとメール到達率が悪く、顧客管理も大変です。

9年連続顧客導入数シェアNo.1のメール配信サービス「ブラストメール」では、7日間の無料お試しを実施しています。あなたの会社のメールマーケティング効果を最大限発揮させるためにもぜひ一度お試しください。

→【9年連続顧客導入数シェアNo. 1】ブラストメールを無料で試してみる

お役立ちガイドブック

魅力が伝わる「メルマガタイトル」の付け方ガイド Gmailを便利に使うマル秘テクニックガイド メルマガ作り方大全
お役立ち資料一覧 >
契約数9年連続No.1のメール配信サービス「ブラストメール」
製品資料ダウンロード > 無料トライアル >

メルマガ初心者向け、完全無料の「メルマガ作り方」ハンドブック

メルマガ大全

メルマガ配信に興味はあるけど、何から手を付けて良いかお悩みではありませんか?

本書では、ブラストメールのメルマガ配信チームが以下のようなポイントを解説しています。

  • 「見込み客に響く」メルマガ作り方のステップ
  • メルマガの文例
  • 配信ツールの選定方法など

ぜひメルマガ制作にお役立てください

e-bookをチラ見してみる >
目次