PAGE TOP

ゴミ箱

ゴミ箱内の読者データを取得・編集・削除・ダウンロードが行えます。
対象データが無い場合には空データが返ります。

XML-RPC https://api.bme.jp/xmlrpc/1.0/

ゴミ箱の検索


array contact.trashSearch(string accessToken, array keywords, string status, array errors, array dates, string orderBy, string sortOrder, int offset, int limit)
パラメータ
string accessToken API利用許可トークン
array keywords 検索キーワードリスト(string)
string status 状態(解除・削除)
array errors エラー回数範囲(int)
array dates 削除日時範囲(dateTime.iso8601)
string orderBy ソート条件
define.listSearchで取得されるdefineIDを指定できます
string sortOrder ソート方向(ASC: 昇順、DESC: 降順)
int offset 取得開始位置
int limit 取得数上限(100以下を指定)
戻り値
array int contactID: 識別ID
int error: エラー回数
string status: 状態(解除・削除)
dateTime.iso8601 reg_day: 登録日時
dateTime.iso8601 end_day: 更新日時
string c15: E-Mailアドレス

ゴミ箱のデータ編集


struct contact.trashUpdate(string accessToken, array contactIDs)
パラメータ
string accessToken API利用許可トークン
array contactIDs 識別IDリスト(int)
戻り値
struct 処理結果
array success: 処理に成功した識別IDリスト
array failure: 処理に失敗した識別IDリスト

ゴミ箱のCSV取得


base64 contact.trashExport(string accessToken, array keywords, string status, array errors, array dates, string orderBy, string sortOrder)
パラメータ
string accessToken API利用許可トークン
array keywords 検索キーワードリスト(string)
string status 状態(解除・削除)
array errors エラー回数範囲(int)
array dates 削除日時範囲(dateTime.iso8601)
string orderBy ソート条件
define.listSearchで取得されるdefineIDを指定できます
string sortOrder ソート方向(ASC: 昇順、DESC: 降順)
戻り値
base64 ゴミ箱データをCSV形式で纏めたデータ

ゴミ箱のデータ完全削除


struct contact.trashDelete(string accessToken, array contactIDs)
パラメータ
string accessToken API利用許可トークン
array contactIDs 識別IDリスト(int)
戻り値
struct 処理結果
array success: 処理に成功した識別IDリスト
array failure: 処理に失敗した識別IDリスト