なぜメールマガジンで返信や問合せが増えないのか?

2020.03.30 効果アップの秘訣

販売促進目的でメールマガジンを送っているのに、ぜんぜん返信がない。
ということはありませんか?

実は、反応がないのには理由があります。

 

この理由を理解していないと、本当は効果が出ていたにもかかわらず配信を中断してしまうなどの誤った判断につながってしまいます。

今回はこの理由についてのご説明と、どのように運用すべきか?ご紹介します。

なぜ、問い合わせはこないのか?

前談で提示させていただいた理由とはなにか?

それは

「時代の変化による、商品やサービスの買い方の変化」

です。

インターネットの普及から、人が商品を買うときの考え方が変わってメールを送るだけでは効果が分からなくなってしまっているのです。

従来であればメールに対して返信をして情報を提供してもらうのが当たり前でしたが、インターネットが普及した現代では、メールを受信したお客さまは問い合わせをするのではなく、

物やサービスの情報をインターネットで調べます。

 

自身に置き換えてみると・・・

商品やサービスが欲しいと思った時、
詳細な情報や購入者のレビュー、販売価格など調べたことはありませんか?

現代では、インターネットで調べれば必要な情報が手に入るため、
電話やメールで問い合わせる必要がないのです。

これではいくら待っても問い合わせが来ないはずです!

・・・なので、少し考え方を変えないといけないのです。

 

 

興味がある人を見つけて接触する

まず、考え方を改めます。
「返信がないから効果がない/意味がない」というのは間違いです。

返信がなくてもメールを見てくれている方は、少なからず興味をもってくれています。

しかしながら、興味を持ってくれた方は誰なのか?どの商品に興味を持ってくれたのか?
という点が通常配信側には見えないため、知らず知らずの間に商機を失い、結果的に効果を感じていないのです。

 

だからこそ、

インターネットで検索をしている興味の強い方に接触が出来れば

大きなチャンス

となるのです。

 

ブラストメールで興味のある顧客は見つけられる!?

実は、ブラストメールには以下のような特定機能があります!
・メールの開封者
・リンクをクリックした方
・クリックされたリンクの特定

この機能を使う事で、メールの返信がない状態でも

「誰がクリックしたのか?」
「どの商品・サービスの紹介リンクをクリックしたのか?」
が分かるようになります。

詳細マニュアルP.7に記載が御座います

 

そして、興味の強い読者へ対象の商品・サービスのご案内の電話をかけることで相手が知りたい情報だけをご案内することができます。

余計な情報を挟まないことで、円滑な商談となり、相手に売り込みを感じさせないため、お互い良好な関係を保つことが可能です。


 

販売促進を狙ったメールを送っているお客様へ

もし、販売促進を目的としたメールをご送付されているのであれば、興味がある方を特定できるのに連絡をとらないのは

もったいない

 

と思いませんか?

ぜひ、今後の施策にご検討を!

buttonbutton